下水汚泥低温無害化処理。ベンチャー企業「永和」が開発成功。汚泥処理のコストに悩む自治体にアピール

[ 2010/12/31 ]


この度、滋賀県栗東市のベンチャー企業「永和」が下水汚泥低温無害化処理の技術開発に成功した。従来、無害化のためには600度前後の高温で処理する必要があったものが、同社の開発した装置により、約80度で無害化することが可能となった。

下水汚泥の処理は通常重油などによる焼却による処理が行われる。汚泥は水分を多量に含むため処理に必要な熱量は膨大なものとなり、そのコストは自治体にとって大きな負担となっている。今回開発された下水汚泥低温無害化処理は「MC処理装」という機械で行われる。汚泥に有機溶剤を混入し、真空状態で過熱することで、溶剤の臨海作用を発生させ、80度で気体の拡散性を持つようになる。その作用により下水汚泥は無臭の燃料に変化することとなる。

下水汚泥によって生成された燃料は燃焼時のカロリーが高く、ゴミの焼却処理などで使用できる。更に同装置では、従来は困難といわれていた強化プラスチックの分解も可能となっている。更には1日60トンの処理も可能な大型装置の製造も可能であるといい、環境負荷コスト両面でメリットのある装置として、下水汚泥処理に悩む自治体を中心にアピールする予定であるという。


関連する記事

アーカイブス

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR