東京都 下水から資源採取へ。下水汚泥からリン成分抽出実用化の検討へ

[ 2011/01/08 ]


2011年3月までに東京都では、下水汚泥を焼却した灰からリン成分を採取するプロジェクトの実用化の検討を行うこととなった。このプロジェクトは2008年から都と民間企業と共同し実証実験を行っていたものである。

下水汚泥の焼却灰には多くのリン成分が含まれており、それを取り出し有効活用しようという研究は各地で進められている。(参考:全国農業協同組合連合会 リン鉱石の代替原料として下水汚泥活用。新たな水ビジネスへ展開可能か)東京都では、江東区の砂町水再生センターに設置された仮設プラントで実証実験を続けてきた。

リンは、農業肥料の原材料として欠かせないものであり、日本は100%を輸入に依存している状況である。今回の東京都のリン採取プロジェクトが事業として本格稼動した場合、1年間に発生する下水汚泥4万トンから、3千500トンのリン酸カルシウムがが採取できる。これは、リン鉱石で換算すると日本の輸入量の6%相当に当たるものとなる。

リン鉱石アメリカ中国モロッコが産出上位3カ国であり、この参加国で世界の産出量の60%以上を占める。しかし、既にアメリカが資源枯渇を理由として輸出を禁じる措置を実施しており、中国でも輸出を規制する動きがでており、希少資源として価格の高騰、枯渇が危惧されるものとなっている。

事業化に向けて、プラントの建設、製造コスト、販売網の確立などの課題も多いが、厄介者であった下水汚泥が新たな鉱脈になる時代も近いのではと考えられる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR