東京都 下水から資源採取へ。下水汚泥からリン成分抽出実用化の検討へ

[ 2011/01/08 ]


2011年3月までに東京都では、下水汚泥を焼却した灰からリン成分を採取するプロジェクトの実用化の検討を行うこととなった。このプロジェクトは2008年から都と民間企業と共同し実証実験を行っていたものである。

下水汚泥の焼却灰には多くのリン成分が含まれており、それを取り出し有効活用しようという研究は各地で進められている。(参考:全国農業協同組合連合会 リン鉱石の代替原料として下水汚泥活用。新たな水ビジネスへ展開可能か)東京都では、江東区の砂町水再生センターに設置された仮設プラントで実証実験を続けてきた。

リンは、農業肥料の原材料として欠かせないものであり、日本は100%を輸入に依存している状況である。今回の東京都のリン採取プロジェクトが事業として本格稼動した場合、1年間に発生する下水汚泥4万トンから、3千500トンのリン酸カルシウムがが採取できる。これは、リン鉱石で換算すると日本の輸入量の6%相当に当たるものとなる。

リン鉱石アメリカ中国モロッコが産出上位3カ国であり、この参加国で世界の産出量の60%以上を占める。しかし、既にアメリカが資源枯渇を理由として輸出を禁じる措置を実施しており、中国でも輸出を規制する動きがでており、希少資源として価格の高騰、枯渇が危惧されるものとなっている。

事業化に向けて、プラントの建設、製造コスト、販売網の確立などの課題も多いが、厄介者であった下水汚泥が新たな鉱脈になる時代も近いのではと考えられる。


関連する記事

アーカイブス

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検をAIで検知するツールを開発

クボタ機工(株) 排水機場河川ポンプのサビ点検、AI検知ツールで効率化へ (参照:)[ 2020/09/28 ]

記事全文

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム 本格検討へ

国土交通省 下水処理場を広域管理できる監視システム検討 省力化へ (参照:国土交通省 下水処理場を広域管理でき [&he・・・

記事全文

キリンビバレッジ(株) 年内で「ボルヴィック」の国内販売終了を決定

キリンビバレッジ(株) 2020年末で「ボルヴィック」の国内販売を終了 (参照:無印良品 「自分で詰める水のボ [&he・・・

記事全文

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR