ミツカン、水の文化センターが新成人の「水にかかわる生活意識調査」を実施。環境よりはお金の節約?

[ 2011/01/11 ]


2011年1月9日、食品メーカーミツカンの運営する水の文化センターが新成人の水にかかわる生活意識調査を実施した。この調査は、1995年から、日常の水に関わる日本人の環境意識や日本の文化についての関係をアンケート形式で調査するもとなっている。2010年より、テーマを絞った調査を行っており、今回の調査もその一つである。

まず、新成人は、節水に対する必要性に対しては86.3% が必要と回答している。これは30歳を対象とした調査と大差なく、節水の必要性に関する意識は高いようである。しかし、実際に必要と思っても実行している人は60%。方法は「蛇口の水を出しすぎない」、「シャワーを浴びるときは、こまめに水を止めながら浴びている」などが上位に上がっている。

では、その節水の理由についてはどうであろうか。これは、「水道料金が高かった」が40%で、「環境問題を考えた」の13%を大きく上回ることになっている。この傾向は20歳も30歳も同様となっている。環境問題という大きなものよりも、身近な出費に響くという理由が第一というのは正直な答えではないかと思われる。逆に節水していない人の理由で最大のものは「めんどくさいから」が45.7%となっている。

理由はとにかく、身の回りのできることから節水していくことは大切なこと。「めんどくさい」といわずに節水して欲しいものである。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR