ミツカン、水の文化センターが新成人の「水にかかわる生活意識調査」を実施。環境よりはお金の節約?

[ 2011/01/11 ]


2011年1月9日、食品メーカーミツカンの運営する水の文化センターが新成人の水にかかわる生活意識調査を実施した。この調査は、1995年から、日常の水に関わる日本人の環境意識や日本の文化についての関係をアンケート形式で調査するもとなっている。2010年より、テーマを絞った調査を行っており、今回の調査もその一つである。

まず、新成人は、節水に対する必要性に対しては86.3% が必要と回答している。これは30歳を対象とした調査と大差なく、節水の必要性に関する意識は高いようである。しかし、実際に必要と思っても実行している人は60%。方法は「蛇口の水を出しすぎない」、「シャワーを浴びるときは、こまめに水を止めながら浴びている」などが上位に上がっている。

では、その節水の理由についてはどうであろうか。これは、「水道料金が高かった」が40%で、「環境問題を考えた」の13%を大きく上回ることになっている。この傾向は20歳も30歳も同様となっている。環境問題という大きなものよりも、身近な出費に響くという理由が第一というのは正直な答えではないかと思われる。逆に節水していない人の理由で最大のものは「めんどくさいから」が45.7%となっている。

理由はとにかく、身の回りのできることから節水していくことは大切なこと。「めんどくさい」といわずに節水して欲しいものである。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR