富士経済 水ビジネス関連企業40社の調査を実施「拡大する水ビジネスに挑む注目企業の事業戦略動向 2011」としてまとめる

[ 2011/01/14 ]


2011年1月13日、総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済水ビジネス関連企業40社の調査を実施し、「拡大する水ビジネスに挑む注目企業の事業戦略動向 2011」として報告をまとめた。調査報告書は同社より販売を行っている。

水ビジネスは政府の定める「新成長戦略」の柱の一つであり、今後拡大が期待されている分野である。今回の報告では、水ビジネス参入企業を「プラント・エンジニアリング」、「素材・部材」、「商社・総合エンジニアリング」、「外資系企業」に分類。その中で主要プラント・エンジニアリング企業17社の事業計画を中心とし、ろ過膜技術などを持つ素材・部材メーカ8社、、水ビジネス分野への積極参入を開始している商社・総合エンジニアリング企業4社、水メジャーを始め外資11社の現状をまとめたものとなっている。

プラント・エンジニアリング企業の動きに関しては、短期的には特に大きな変化はないとみられる。ただし、長中期的には装置、プラントなどの販売から運用、保守サービスへのシフトが予想されるとしている。(参考:日立プラントテクノロジー 海外水ビジネス拡大を目指し保守サービス中心へシフト
国内の水需要は今後減少傾向とみられ、海外水ビジネス市場への展開を進める企業が増えている。特に注目の市場としては中国インドなどの水不足が懸念されるアジア地域とみている。

需要分野別動向では、官需は施設の老朽化による新需要の発生を期待する一方で、自治体側の財政、人での問題により今後は、サービス部門の民営委託が更に進むとみられている。
民需に関しては、国内市場は既に縮小傾向にあり、新規需要は望みにくい状況下にある。その中で、産業排水分野は、排水再利用や法規制の強化などにより、新規需要の高まりが期待される。今後は、縮小する国内需要をカバーするため、より海外への事業展開を進める方向になるとみられている。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR