沖縄県 島嶼、亜熱帯における水関連技術のノウハウを生かし、官民連携で海外水ビジネス進出を検討

[ 2011/01/28 ]


2011年1月27日、沖縄県において、島嶼、亜熱帯環境における水技術のノウハウを生かし、官民連携で海外の島嶼地域への水ビジネス進出を検討する動きが開始された。同日、浦添市の国際協力機構(JICA)沖縄国際センターで準備会が開催。沖縄県の水ビジネスに関する検討準備会は、県内企業20社、沖縄県企業局、宮古島市の共催により立ち上がることとなった。

準備会では、宮古島市と国際協力機構が連携しサモアにおける水道事業支援の状況報告が行われ、今後の課題なども話し合われたようである。沖縄県の島嶼県、亜熱帯地方にあるという独自環境の中で育った水関連技術は、海外の亜熱帯島嶼国への水技術輸出など、新たな水ビジネスの展開の可能性があると考えられている。

今後は、政府開発援助(ODA)の活用を第一ステップとし、沖縄独自のトップレベルの技術ノウハウを武器に、海外水ビジネス市場に進出を目指すこととなる。既に東京、大阪、神奈川など多くの自治体が官民連携で海外水ビジネス進出に動く中、(参考:東京都、大阪市、横浜市 水ビジネスの海外進出に向け自治体連携。年度内に連絡会議を設定へ)沖縄県も、島嶼、亜熱帯という環境下に育った水関連技術を武器に水ビジネスの世界に参戦することとなった。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR