ピンチはチャンス?水ビジネス成長の背景に世界の水問題が潜む

[ 2011/02/08 ]


この度、イギリスの非営利組織「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)」が発表した調査によると、世界の企業122社の40%が水問題により事業に支障が出たことがあることが7日、報道された。尚、調査対象には日本企業7社も含まれている。

地球

image from NASA on The Commons

この調査は、同団体が昨年の4月から7月にかけ、302社に対し水問題に対する回答を求め、その内、122社より得た回答をまとめたものとなっている。この調査によると、過去5年間で、旱魃洪水水質悪化などの水問題により、事業の中断、変更など影響を受けた経験のある企業が39%に上った。業種別に見ていくと、金属、鉱業では64%と最も高く、次いで、公共事業の62%、化学工業の50%となる。一方でこのような水問題が新たなビジネスチャンスに結びつくと考えている企業は62%にもなり、ピンチのときこそ、ビジネスチャンスであるという企業の強気な姿勢も見えてくる。

また、世界的な製造業メーカなどでは、水問題に対する対策を進めているところも出てきており、今後の企業収益確保において、水問題は重要な課題となっていくことは確実と思われる。

今後、地球環境は温暖化などに伴う気象変動や、新興国の経済発展により、水資源の需給バランスが世界的な危機を迎えるという予想もある。その中で、各企業ともこの水問題のピンチをビジネスの機会として、新たな営業戦略構築へと進んでいく姿勢を見せていることが分かる。水ビジネス成長の背景にはこのような地球規模の水問題が潜んでいることも、その一面であろう。


関連する記事

アーカイブス

星野リゾート 「星のや 竹富島」で飲料水の自給をスタート

星野リゾート 「星のや 竹富島」で海水淡水化装置を利用した飲料水自給をスタート (参照:(株)星野リゾート 「星のや」ブ・・・

記事全文

西宮市 「給水スポット」設置へ 市役所本庁舎や公民館から

西宮市 「給水スポット」を市役所本庁舎や公民館に設置 プラ製品削減へ (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス・・・

記事全文

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖を見守る実証実験

東京大学やNECネッツエスアイ(株)ら、水中ドローンでカキの養殖環境を確認へ (参照:長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養・・・

記事全文

アサヒ飲料(株) ラベルレス飲料の単品販売をスタート タックシールに内容表示

アサヒ飲料(株) タックシール活用、転倒のラベルレス飲料の単品販売を開始 (参照:ビーテック(株) オリジナルラベルの炭・・・

記事全文

国土交通省 浸水リスクの高い区域の特定施設を建築許可制へ

国土交通省 「特定都市河川浸水被害対策法」改正へ動き 浸水区域の建築を許可制へ (参照:国土交通省 「水の里の旅コンテス・・・

記事全文

(株)マーフィード 洗車後の拭き取りが不要な超純水ユニットの販売を開始

(株)マーフィード 洗車後に水滴跡が残らない超純水ユニットの販売を開始 (参照:株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレ・・・

記事全文

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業に参入 2022年2月稼働予定

アイリスオーヤマ(株) 飲料水事業参入計画で生産ラインを新設 春稼働予定 (参照:「ミズコム」による調査 新型コロナウイ・・・

記事全文

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発

ロレアル 水の使用量を80%削減できるシャワーデバイスを開発 ヘアケア剤投入もOK (参照:(株)Gloture 自動で・・・

記事全文

(株)エルム 全国初、廃校のプールで水上太陽光発電

(株)エルム 全国初、廃校のプールで水上太陽光発電 プールサイドで通電式 (参照:岩手県立種市高等学校 潜水実習用の機材・・・

記事全文

新潟県長岡市 消雪パイプの効率的散水の実証実験 地下水節約のため

新潟県長岡市 地下水節約のため消雪パイプの効率化を模索 (参照:日本地下水開発(株) 地中熱で雪国に適した省エネ冷暖房を・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR