ピンチはチャンス?水ビジネス成長の背景に世界の水問題が潜む

[ 2011/02/08 ]


この度、イギリスの非営利組織「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)」が発表した調査によると、世界の企業122社の40%が水問題により事業に支障が出たことがあることが7日、報道された。尚、調査対象には日本企業7社も含まれている。

地球

image from NASA on The Commons

この調査は、同団体が昨年の4月から7月にかけ、302社に対し水問題に対する回答を求め、その内、122社より得た回答をまとめたものとなっている。この調査によると、過去5年間で、旱魃洪水水質悪化などの水問題により、事業の中断、変更など影響を受けた経験のある企業が39%に上った。業種別に見ていくと、金属、鉱業では64%と最も高く、次いで、公共事業の62%、化学工業の50%となる。一方でこのような水問題が新たなビジネスチャンスに結びつくと考えている企業は62%にもなり、ピンチのときこそ、ビジネスチャンスであるという企業の強気な姿勢も見えてくる。

また、世界的な製造業メーカなどでは、水問題に対する対策を進めているところも出てきており、今後の企業収益確保において、水問題は重要な課題となっていくことは確実と思われる。

今後、地球環境は温暖化などに伴う気象変動や、新興国の経済発展により、水資源の需給バランスが世界的な危機を迎えるという予想もある。その中で、各企業ともこの水問題のピンチをビジネスの機会として、新たな営業戦略構築へと進んでいく姿勢を見せていることが分かる。水ビジネス成長の背景にはこのような地球規模の水問題が潜んでいることも、その一面であろう。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR