ピンチはチャンス?水ビジネス成長の背景に世界の水問題が潜む

[ 2011/02/08 ]


この度、イギリスの非営利組織「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)」が発表した調査によると、世界の企業122社の40%が水問題により事業に支障が出たことがあることが7日、報道された。尚、調査対象には日本企業7社も含まれている。

地球

image from NASA on The Commons

この調査は、同団体が昨年の4月から7月にかけ、302社に対し水問題に対する回答を求め、その内、122社より得た回答をまとめたものとなっている。この調査によると、過去5年間で、旱魃洪水水質悪化などの水問題により、事業の中断、変更など影響を受けた経験のある企業が39%に上った。業種別に見ていくと、金属、鉱業では64%と最も高く、次いで、公共事業の62%、化学工業の50%となる。一方でこのような水問題が新たなビジネスチャンスに結びつくと考えている企業は62%にもなり、ピンチのときこそ、ビジネスチャンスであるという企業の強気な姿勢も見えてくる。

また、世界的な製造業メーカなどでは、水問題に対する対策を進めているところも出てきており、今後の企業収益確保において、水問題は重要な課題となっていくことは確実と思われる。

今後、地球環境は温暖化などに伴う気象変動や、新興国の経済発展により、水資源の需給バランスが世界的な危機を迎えるという予想もある。その中で、各企業ともこの水問題のピンチをビジネスの機会として、新たな営業戦略構築へと進んでいく姿勢を見せていることが分かる。水ビジネス成長の背景にはこのような地球規模の水問題が潜んでいることも、その一面であろう。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR