秋田県仙北市 「クニマス里帰りプロジェクト事業」開始、しかし田沢湖の水質の壁が立ちはだかる

[ 2011/02/15 ]


田沢湖のある秋田県仙北市では「クニマス里帰りプロジェクト事業」を開始した。2011年2月11日から3日間、市内にてクニマス標本の展示を行った。また3月には東京海洋大客員准教授の「さかなクン」を招聘し講演会を開催するなど、クニマスの里帰りに向け動き出した。しかし、その前には田沢湖の水質という大きな壁が立ちふさがっている。(参考:秋田大学など研究チームが発表。秋田県、玉川温泉からレアメタル噴出、河川下流に沈殿

田沢湖
image from y_katsuuu

絶滅種とされていたクニマスが、山梨県の西湖で発見されたニュースから2ヶ月が経過している。元々の生息地といわれた田沢湖のある秋田県仙北市では、クニマスの里帰りによる地域活性化などを検討する動きがでてている。しかし、その前に大きく立ちはだかるのが、上流の玉川温泉を引き込んだ田沢湖の水質である。

先日、秋田大学の研究チームが、玉川温泉の流れ込む下流域にレアメタルの沈殿を確認したというニュースがあった。そもそもこの研究は玉川温泉の流れ込む川の水質の影響を調べるものであった。レアメタルの沈殿だけではなく、玉川温泉下流域の水質は、温泉の影響を受け強い酸性状態になっていることも判明している。田沢湖においても、農業用水確保のため、上流に玉川温泉のある河川の下流域から水を引き込んだ結果、水質が酸性化しクニマスが絶滅したといわれている。

現在の田沢湖は、この40年前の農業用水確保のため水路引き込みにより、酸性に強い魚しか生息できない環境となっている。当然クニマスの生存環境としては絶望的だ。更に、専門家の試算によると、田沢湖の水を全て入れ替えるには120年はかかるとみられ、クニマスの里帰りは現実的にはかなり厳しい状況である。しかし、関係者はクニマス里帰り向け、環境整備に動くことが大切なことであるとし、今後に希望を持ち活動を行っていくとのことである。


関連する記事

アーカイブス

岩手県立種市高等学校 潜水実習用の機材に水中無線機『Logosease』を導入

岩手県立種市高等学校 山形カシオ(株)の水中無線機を潜水実習用の機材に採用 (参照:福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に・・・

記事全文

(株)星野リゾート 「星のや」ブランドでペットボトルを廃止し、ウォータージャグへ

(株)星野リゾート 「星のや」でペットボトルを廃止し ウォータージャグの設置へ (参照:星のや沖縄 「星空ホットプール」・・・

記事全文

日本製粉(株)  「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施

日本製粉(株)  日本ユニセフ協会の「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ・・・

記事全文

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR