秋田県仙北市 「クニマス里帰りプロジェクト事業」開始、しかし田沢湖の水質の壁が立ちはだかる

[ 2011/02/15 ]


田沢湖のある秋田県仙北市では「クニマス里帰りプロジェクト事業」を開始した。2011年2月11日から3日間、市内にてクニマス標本の展示を行った。また3月には東京海洋大客員准教授の「さかなクン」を招聘し講演会を開催するなど、クニマスの里帰りに向け動き出した。しかし、その前には田沢湖の水質という大きな壁が立ちふさがっている。(参考:秋田大学など研究チームが発表。秋田県、玉川温泉からレアメタル噴出、河川下流に沈殿

田沢湖
image from y_katsuuu

絶滅種とされていたクニマスが、山梨県の西湖で発見されたニュースから2ヶ月が経過している。元々の生息地といわれた田沢湖のある秋田県仙北市では、クニマスの里帰りによる地域活性化などを検討する動きがでてている。しかし、その前に大きく立ちはだかるのが、上流の玉川温泉を引き込んだ田沢湖の水質である。

先日、秋田大学の研究チームが、玉川温泉の流れ込む下流域にレアメタルの沈殿を確認したというニュースがあった。そもそもこの研究は玉川温泉の流れ込む川の水質の影響を調べるものであった。レアメタルの沈殿だけではなく、玉川温泉下流域の水質は、温泉の影響を受け強い酸性状態になっていることも判明している。田沢湖においても、農業用水確保のため、上流に玉川温泉のある河川の下流域から水を引き込んだ結果、水質が酸性化しクニマスが絶滅したといわれている。

現在の田沢湖は、この40年前の農業用水確保のため水路引き込みにより、酸性に強い魚しか生息できない環境となっている。当然クニマスの生存環境としては絶望的だ。更に、専門家の試算によると、田沢湖の水を全て入れ替えるには120年はかかるとみられ、クニマスの里帰りは現実的にはかなり厳しい状況である。しかし、関係者はクニマス里帰り向け、環境整備に動くことが大切なことであるとし、今後に希望を持ち活動を行っていくとのことである。


関連する記事

アーカイブス

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水がよみがえる 中学生の提案で

茨城県つくば市 中央公園の池の噴水を再整備、池の透明度3倍に 中学生の提案 (参照: 文化庁 京都の近代化に貢 [&he・・・

記事全文

アサヒ 工場排水からのバイオガスを活用した長時間連続発電に成功

アサヒ 工場排水から発生するバイオガスで長時間連続発電に成功 (参照:宮城県漁協組合 原発処理水の海洋放出に反 [&he・・・

記事全文

西松建設(株) トンネル工事の水中ポンプの無人監視システムを開発

西松建設(株) 水中ポンプ無人監視システム「Newt」開発 トンネル工事の湧水対策で (参照:クボタ機工(株) [&he・・・

記事全文

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、販売へ

赤穂化成 海洋深層水で幻の魚「サツキマス」を養殖、2020年9月より販売へ (参照:赤穂化成(株) 手軽にマグ [&he・・・

記事全文

渋谷駅 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備

渋谷駅東口 地下雨水貯留施設供用開始へ 再開発で整備 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地下河川讃良 [&he・・・

記事全文

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す

宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街へ 目標雨水貯留量を達成 (参照: 農研機構 農業用水路の流水熱をヒート [&he・・・

記事全文

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入

福島県郡山地方消防本部 水難救助隊に水上バイクを導入、配置式と訓練を行なう (参照: (株)セキド 水中スクー [&he・・・

記事全文

静岡県富士山世界遺産センター 富士山の湧水についての秘密に迫る企画展スタート

静岡県富士山世界遺産センター 企画展「富士山の湧水―その道のりと歴史」10/4まで (参照:(一社)海洋連盟  [&he・・・

記事全文

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル工事完了で国内最大級の放流設備へ

近畿地方整備局 天ヶ瀬ダムのトンネル貫通、国内最大級の放流設備が完成へ (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流 [&he・・・

記事全文

(株)JR東日本ウォータービジネス From AQUA 天然水ゼリー好調により緊急増産

(株)JR東日本ウォータービジネス 天然水ゼリーの出荷実績好調、緊急増産を決定 (参照:無印良品 「自分で詰め [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR