秋田県仙北市 「クニマス里帰りプロジェクト事業」開始、しかし田沢湖の水質の壁が立ちはだかる

[ 2011/02/15 ]


田沢湖のある秋田県仙北市では「クニマス里帰りプロジェクト事業」を開始した。2011年2月11日から3日間、市内にてクニマス標本の展示を行った。また3月には東京海洋大客員准教授の「さかなクン」を招聘し講演会を開催するなど、クニマスの里帰りに向け動き出した。しかし、その前には田沢湖の水質という大きな壁が立ちふさがっている。(参考:秋田大学など研究チームが発表。秋田県、玉川温泉からレアメタル噴出、河川下流に沈殿

田沢湖
image from y_katsuuu

絶滅種とされていたクニマスが、山梨県の西湖で発見されたニュースから2ヶ月が経過している。元々の生息地といわれた田沢湖のある秋田県仙北市では、クニマスの里帰りによる地域活性化などを検討する動きがでてている。しかし、その前に大きく立ちはだかるのが、上流の玉川温泉を引き込んだ田沢湖の水質である。

先日、秋田大学の研究チームが、玉川温泉の流れ込む下流域にレアメタルの沈殿を確認したというニュースがあった。そもそもこの研究は玉川温泉の流れ込む川の水質の影響を調べるものであった。レアメタルの沈殿だけではなく、玉川温泉下流域の水質は、温泉の影響を受け強い酸性状態になっていることも判明している。田沢湖においても、農業用水確保のため、上流に玉川温泉のある河川の下流域から水を引き込んだ結果、水質が酸性化しクニマスが絶滅したといわれている。

現在の田沢湖は、この40年前の農業用水確保のため水路引き込みにより、酸性に強い魚しか生息できない環境となっている。当然クニマスの生存環境としては絶望的だ。更に、専門家の試算によると、田沢湖の水を全て入れ替えるには120年はかかるとみられ、クニマスの里帰りは現実的にはかなり厳しい状況である。しかし、関係者はクニマス里帰り向け、環境整備に動くことが大切なことであるとし、今後に希望を持ち活動を行っていくとのことである。


関連する記事

アーカイブス

現代につながる江戸時代からの上水

かつて世界最大の都市であった江戸から現代の東京に受け継がれている上水 (参照:東京都水道局、「東京水」のデザイ [&he・・・

記事全文

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

水道法改正はあるのか

7月の国会を賑わせた水道法改正。今後、水道事業の民営化が進むのか注目が集まる。 (参照:株式会社日立製作所が2 [&he・・・

記事全文

水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。 (参照:野菜の育て方を変える [&he・・・

記事全文

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。 (参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくと [&he・・・

記事全文

運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気 (参照:プラスチックごみもCO2排 [&he・・・

記事全文

関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した (参照 :荒 [&he・・・

記事全文

東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定 (参照:荒瀬ダム国 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR