沖縄県 県内水道事業の広域化へ、離島の最大5.6倍となる水道料金格差解消を目指す

[ 2011/02/21 ]


2011年2月20日、沖縄県が進めている県内水道事業の広域化案の概要が明らかとなった。現在、同県内の離島では、独立で小規模な水道事業を実施している。取水、浄水を行い住民への配水が全て島内で完結しているということである。このことが高コストの原因となり、県内の水道料金格差は最大で5.6倍となっている。今回の広域化案はその格差解消を目指すものである。

(参考:沖縄県 島嶼、亜熱帯における水関連技術のノウハウを生かし、官民連携で海外水ビジネス進出を検討

Shiraho 白保 石垣島_1

image from ajari

広域化案では、現在、離島で行われている小規模な水道事業を県企業局が管理しているシステムに移行する。これにより水道料金の格差を是正するとともに、安定的な配水を行えるようにするものである。新年度から検証事業を開始し、2012年度から本格的な次期計画に進む予定である。

沖縄県内が多く抱える離島においては、島内の人口が少なく、水道事業の工程をその島内で独立して行っているため管理、運営コストが大きな重石となる。県内で最も水道料金が安い東村では10立方メートルで630円。これが、最も高い北大東村では3535円と5.6倍の格差となっている。また全体的に見ても本島では、平均1264円であるものが、離島の平均2103円と、離島の水道料金が高いことはいなめない。

今後の計画では、県水道事業の広域化により、管理の一元化によって、管理、運営コストを均等にすることで、水道料金の一律化を計りたいとのことである。ただ、料金の一律化には、今まで安い水道料金であった地域の値上げの可能性という意味が含まれるとも考えられ、他の市町村の協力も必要となってくると思われる。


関連する記事

アーカイブス

トヨタとFuelCell Energy社、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す「Tri-Gen」を建設。

トヨタがFuelCell Energy社と共同で、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す [&he・・・

記事全文

(株)赤ちゃん本舗、「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞2017」を受賞

2017年11月28日、株式会社赤ちゃん本舗は「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞 [&he・・・

記事全文

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR