沖縄県、那覇市 下水処理再生水利を計画。県庁、那覇空港周辺を中心に整備拡充へ

[ 2011/03/01 ]


2011年度から、沖縄県那覇市では、下水処理再生水利用による渇水対策を計画している。那覇市の県庁周辺、および那覇空港周辺を対象として整備拡充を行う計画である。(参考:沖縄県 県内水道事業の広域化へ、離島の最大5.6倍となる水道料金格差解消を目指す

那覇地方
image from k14


下水処理再生水
の利用事業は2002年より開始されており、現在は那覇市の中心のみに止まっている。今年度は国庫補助を含め約1億円により県庁周辺1.9キロの送水管を整備する予定である。

下水再生水は、天候等が原因による渇水時にも安定的な供給が出来ることが長所である。更に、上水料金に比較し割安であることもメリットとして上げられる。この下水処理再生水は主にトイレの洗浄などに使用されるものであり、これに使用される水が下水再生水に切り替わるだけで、水道料金の削減にも繋がるとみられる。

沖縄県では、県内に離島を多く持ち、今後離島においても水道料金の一元化を計画している。この下水再生水使用の普及は、多少なりもそのための効果を持つものとなると考えられる。

下水再生水は那覇市浄化センターで、那覇市や南部の地域から集められた下水を高度処理して作られる。下水の送水量が、1日あたり13万立方メートルに対し、下水処理水の供給能力は1日あたり1500立方メートルである。

しかし、この再生水供給量に対し、現在の使用量は1日あたり500立方メートルである。つまり供給される下水再生水を利用しきれないということになっている。この使用量を増加させるためには、上水とは別の配管を行い、新たな施設への供給を行うことがコスト的にも最善の方法とみられている。これにより1日あたり、1200立方メートルまで使用量を拡大できると計画している。

k14


関連する記事

アーカイブス

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR