沖縄県、那覇市 下水処理再生水利を計画。県庁、那覇空港周辺を中心に整備拡充へ

[ 2011/03/01 ]


2011年度から、沖縄県那覇市では、下水処理再生水利用による渇水対策を計画している。那覇市の県庁周辺、および那覇空港周辺を対象として整備拡充を行う計画である。(参考:沖縄県 県内水道事業の広域化へ、離島の最大5.6倍となる水道料金格差解消を目指す

那覇地方
image from k14


下水処理再生水
の利用事業は2002年より開始されており、現在は那覇市の中心のみに止まっている。今年度は国庫補助を含め約1億円により県庁周辺1.9キロの送水管を整備する予定である。

下水再生水は、天候等が原因による渇水時にも安定的な供給が出来ることが長所である。更に、上水料金に比較し割安であることもメリットとして上げられる。この下水処理再生水は主にトイレの洗浄などに使用されるものであり、これに使用される水が下水再生水に切り替わるだけで、水道料金の削減にも繋がるとみられる。

沖縄県では、県内に離島を多く持ち、今後離島においても水道料金の一元化を計画している。この下水再生水使用の普及は、多少なりもそのための効果を持つものとなると考えられる。

下水再生水は那覇市浄化センターで、那覇市や南部の地域から集められた下水を高度処理して作られる。下水の送水量が、1日あたり13万立方メートルに対し、下水処理水の供給能力は1日あたり1500立方メートルである。

しかし、この再生水供給量に対し、現在の使用量は1日あたり500立方メートルである。つまり供給される下水再生水を利用しきれないということになっている。この使用量を増加させるためには、上水とは別の配管を行い、新たな施設への供給を行うことがコスト的にも最善の方法とみられている。これにより1日あたり、1200立方メートルまで使用量を拡大できると計画している。

k14


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR