沖縄県、那覇市 下水処理再生水利を計画。県庁、那覇空港周辺を中心に整備拡充へ

[ 2011/03/01 ]


2011年度から、沖縄県那覇市では、下水処理再生水利用による渇水対策を計画している。那覇市の県庁周辺、および那覇空港周辺を対象として整備拡充を行う計画である。(参考:沖縄県 県内水道事業の広域化へ、離島の最大5.6倍となる水道料金格差解消を目指す

那覇地方
image from k14


下水処理再生水
の利用事業は2002年より開始されており、現在は那覇市の中心のみに止まっている。今年度は国庫補助を含め約1億円により県庁周辺1.9キロの送水管を整備する予定である。

下水再生水は、天候等が原因による渇水時にも安定的な供給が出来ることが長所である。更に、上水料金に比較し割安であることもメリットとして上げられる。この下水処理再生水は主にトイレの洗浄などに使用されるものであり、これに使用される水が下水再生水に切り替わるだけで、水道料金の削減にも繋がるとみられる。

沖縄県では、県内に離島を多く持ち、今後離島においても水道料金の一元化を計画している。この下水再生水使用の普及は、多少なりもそのための効果を持つものとなると考えられる。

下水再生水は那覇市浄化センターで、那覇市や南部の地域から集められた下水を高度処理して作られる。下水の送水量が、1日あたり13万立方メートルに対し、下水処理水の供給能力は1日あたり1500立方メートルである。

しかし、この再生水供給量に対し、現在の使用量は1日あたり500立方メートルである。つまり供給される下水再生水を利用しきれないということになっている。この使用量を増加させるためには、上水とは別の配管を行い、新たな施設への供給を行うことがコスト的にも最善の方法とみられている。これにより1日あたり、1200立方メートルまで使用量を拡大できると計画している。

k14


関連する記事

アーカイブス

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR