環境省、水質調査に新基準追加検討。「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」で生態系、生物種多様化維持に配慮

[ 2011/03/01 ]


2011年2月27日までに、環境省では湖沼河川水質環境基準として新たに「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」を2013年度より追加するための検討を開始した。この基準値の追加は、従来の公害による水質汚染重視から生態系など生物多様化維持を意識する方向の変換といえるものである。(参考:環境省の河川水質調査 環境基準達成率87.6%で過去最高

Crystal Clear

image from tata_aka_T

現在の水質環境基準は1971年に制定されたものである。当時は、公害問題などにより、工場廃水などの汚染に対する調査に重心がおかれていた。主に指標とされていたものは、水質の有機的汚染状況表す「化学的酸素要求量(COD)」、「生物化学的酸素要求量(BOD)」が代表的なものであった。しかし、現在は各地で水質の安定化が見られている。実際2009年度においては全国の調査対象となった海、湖沼、川の環境基準達成度は87%の高さとなっている。この達成率の高さが今回の基準の見直しに繋がった一因ではないかと考えられる。

今回の追加が予定される新基準は、生物多様化などの生態系に関し考慮した物となる。その新指標として検討されているものが「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」である。透明度と下層溶存酸素量は、海、湖沼に適用。大腸菌数は河川と湖沼に適用するという方針である。
つまり、従来の基準をクリアしていたとしても、透明度が低いため、下層の水生植物の光合成に支障があることや、下層の酸素濃度が低いため、そこを生息域とする生物種が減少するなどのケースは、その問題が指摘される可能性が高くなることになる。

今後は単純な水質汚染というだけではなく、その水環境における生態系の維持も水質維持には大切な考え方となっていくであろう。


関連する記事

アーカイブス

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR