堀場製作所 自動COD測定装置「CODA-500」の受注本格化。測定の消費電力を大幅削減。国内市場占有率50%を目標、アジア市場も視野

[ 2011/03/04 ]


2011年3月8日より、株式会社堀場製作所では、水質測定基準項目である有機的汚染状況を表す、化学的酸素要求量(COD)を自動測定する「CODA-500」の受注を本格化させる。このCODA-500は、スプーン1杯のサンプルでもCODの測定が可能。そのため、消費する試薬は従来比で90%消費電力は同60%の削減を達成している。また、メンテナンスにおける省力化も実現。試薬の補填がボトル交換のみとなり、調合や注ぎ足しなどの保守作業が省力化されているのも特長である。
(参考:環境省、水質調査に新基準追加検討。「透明度」、「下層溶存酸素量」、「大腸菌数」で生態系、生物種多様化維持に配慮)

自動COD測定装置 CODA-500image from 株式会社堀場製作所

CODA-500は、水質総量規制のが義務付けられる工場などが隣接する港湾、湖沼、河川などの水質測定需要に対応し、水質自動計測機の国内市場占有率50%を目標としている。また、アジアを中心とする工業新興国では、日本の水質基準をモデルとする規制の法整備が進んでおり、中国韓国台湾などを中心にアジア市場における販売拡大も目指していく。

日本では、東京湾、瀬戸内海など閉鎖性の高い水域の水質汚染防止のため、水質総量規制が定められている。このため、規制対象となる工場などでは化学的酸素要求量(COD)を代表とする水質基準の指標の測定が義務付けられている。日本では全体としての水質の改善が見られる中、まだ一部では赤潮青潮の発生などがみられる。そのため今後も水質改善、規制の動きは強化されていくことになる。

同時に、日本の水質環境規制をモデルとしているアジア諸国でも同様の動きが見られることが予想される。更に、世界的な環境意識が高まるとともに、同社をはじめとした日本の高度な水質計測技術の需要が高まることが予想されている。今後、同社では水質環境保全のための技術提供を行うことで、日本のみならず、アジア諸国における水質環境保全に貢献し、安全な水環境を作り上げることに貢献していくとしている。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR