急増する水資源商法に注意-「水資源利権の購入勧誘」国民生活センターへ苦情268件

[ 2011/03/08 ]


2011年3月3日、国民生活センターは急増する水資源商法に関する注意を促す発表を行った。この商法は、「某社が販売を行っている水資源権利の配当は銀行の利息より良い」などといい、水資源利権の購入を勧誘するものである。水資源の価値や水ビジネスが注目される世情を利用した新手の詐欺的商法と見られている。(参考:ピンチはチャンス?水ビジネス成長の背景に世界の水問題が潜む

The world of waterimage from Snap®

 

国民生活センターによると、2010年9月~2011年2月までに全国の消費生活センターへ、合計で268件の苦情が寄せられているという。この苦情の内容は、「水資源の利権を買えば、銀行などよりも高い配当が得られる」、「外国人に水利権を変われると国益を損なう」などど電話で勧誘。勧誘に応じると10万円~50万を支払う例が多いとのことである。その後、業者が高値で買取るとしながら、買取を行わない。また、返金に応じない、そもそも業者との連絡が取れなくなったという苦情が多発している。

同センターによると、この「水資源の権利」をうたった水資源商法の特徴は、以下のようなものである。

  • どのような仕組みで配当が発生するのか説明が明らかでないこと。
  • 販売業者とは別の業者が高額で買取ると煽るなど劇場型勧誘の典型例であること。
  • 水資源の権利を購入するために「譲渡担保権」を申し込み「社員券」が送付されるケースがある。しかしその契約内容が不明瞭なこと。
  • 有名企業の名前をかたるなどのケースも存在するとのこと。

消費者へのアドバイスとしては、以下の3つの注意を促している。

  • 水資源の権利」の投資を持ちかけられても内容が理解できない限り契約しないこと。
  • 権利を高値で買取る」などとという言葉を使う業者は信じないこと。
  • トラブルに合ったら、すぐに消費者センターへ連絡すること。

 

水ビジネス水資源の確保問題や、水環境の貴重性国内水資源の安全保障などのニュースが多くなることにより、このような新手の水資源商法が今後も増加するのではないかと見られる。

まず、「上手い話が簡単に転がってくることは無い」という基本的な部分に立ち返り考えることも大切であろう。


関連する記事

アーカイブス

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR