北海道苫小牧市 ウトナイ湖と美々川再生アクションプログラムを策定-1960年代の姿の川と湖として環境再生を目指す

[ 2011/03/11 ]


2011年3月7日、札幌市で開催された美々川自然再生技術検討委員会にて、苫小牧市ウトナイ湖美々川1960年代の川や湖としての姿を取り戻す環境再生アクションプログラムが策定された。

(参考:福島県 猪苗代湖水質日本一奪回へ「紺碧の猪苗代湖復活プロジェクト事業」始動

 美々橋地点の河道状況image fromリバーフロント研究所「美々川自然再生計画の取り組みについて」

 

同プログラムは、2006年に研究報告された「美々川自然再生計画の取り組みについて」を踏まえ、その実行プランとなるものである。2011年度からの5ヵ年計画に基づき活動を行う。流域全体湧水環境流水環境湿地環境地域連携の5項目を中心として、ウトナイ湖と美々川の環境改善の方向を示すものとなっている。

湧水環境の再生を目的とした活動は、2008年度から導水施設の実証実験に取り組んでおり、今回のプログラム開始に合わせ本格稼動となる。この施設は、遠浅川の水を美々川へ引きこむもので、水量、水質の維持を行い魚類を中心とした生物環境の保全を目指すものとなる。

流水環境の改善には、クサヨシ刈りにより流水を確保。流水性の水生植物の回復を図るものとなる。更に環境開発により湿地環境が乾燥し、ウトナイ湖の植生が大きく影響を受けている。この現状に対し、湿原、湿生植物、水生生物など、湿地特有の生物環境を回復させていく取り組みも行っていく。
更に、地域住民との連携を図るために、体験学習、住民懇談会を開催を行い、同プログラムのホームページやメールニュースなどの情報発信も計画されている。

5年後には、今から約50以上年前の自然に戻った水環を手にすることができるのか。関係者の努力、奮闘を期待したい。


関連する記事

アーカイブス

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR