北海道苫小牧市 ウトナイ湖と美々川再生アクションプログラムを策定-1960年代の姿の川と湖として環境再生を目指す

[ 2011/03/11 ]


2011年3月7日、札幌市で開催された美々川自然再生技術検討委員会にて、苫小牧市ウトナイ湖美々川1960年代の川や湖としての姿を取り戻す環境再生アクションプログラムが策定された。

(参考:福島県 猪苗代湖水質日本一奪回へ「紺碧の猪苗代湖復活プロジェクト事業」始動

 美々橋地点の河道状況image fromリバーフロント研究所「美々川自然再生計画の取り組みについて」

 

同プログラムは、2006年に研究報告された「美々川自然再生計画の取り組みについて」を踏まえ、その実行プランとなるものである。2011年度からの5ヵ年計画に基づき活動を行う。流域全体湧水環境流水環境湿地環境地域連携の5項目を中心として、ウトナイ湖と美々川の環境改善の方向を示すものとなっている。

湧水環境の再生を目的とした活動は、2008年度から導水施設の実証実験に取り組んでおり、今回のプログラム開始に合わせ本格稼動となる。この施設は、遠浅川の水を美々川へ引きこむもので、水量、水質の維持を行い魚類を中心とした生物環境の保全を目指すものとなる。

流水環境の改善には、クサヨシ刈りにより流水を確保。流水性の水生植物の回復を図るものとなる。更に環境開発により湿地環境が乾燥し、ウトナイ湖の植生が大きく影響を受けている。この現状に対し、湿原、湿生植物、水生生物など、湿地特有の生物環境を回復させていく取り組みも行っていく。
更に、地域住民との連携を図るために、体験学習、住民懇談会を開催を行い、同プログラムのホームページやメールニュースなどの情報発信も計画されている。

5年後には、今から約50以上年前の自然に戻った水環を手にすることができるのか。関係者の努力、奮闘を期待したい。


関連する記事

アーカイブス

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン

水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルストーキョー)」がオープン 東京・天王洲 (参照:(株)星野リゾート 「星の・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR