北九州市ついに国内自治体初の本格的海外水ビジネス受注-JICAの有償資金協力事業としてカンボジア・シェムリアップ市で浄水場建設設計へ

[ 2011/03/14 ]


かねてより積極的な海外水ビジネス進出への動きをみせていた北九州市がついに、国内自治体初の本格的海外水ビジネス受注を勝ち取った。2011年3月9日の同市水道局の発表によると、カンボジアにおける浄水場建設設計事業の受注を受けたとのことである。東京大阪横浜など活発な活動を見せていた自治体の中でも、本格受注に関しては、北九州市が一歩先んじた形となった。
(参考:北九州市も海外水ビジネス参入 地元企業と「北九州市海外水ビジネス推進協議会」発足

Sunset, Angkor Watimage from flydime

同事業は、国際協力機構(JICA)を窓口とした有償資金協力事業として行われるものあり、昨年8月北九州市が設立した「北九州市海外水ビジネス推進協議会」のメンバーである浜銀総合研究所との協同事業となる。北九州は、カンボジア、シェムリアップ州の州都シェムリアップ市における浄水場設計、需要予測を行う。

同市は世界遺産として有名なアンコールワットがあることで知られる地であり、近年は観光客の急増によるホテルなどの建設ブームの最中であり水需要も増加している。そのため現在の給水能力では完全な能力不足となっている。今回の事業による浄水場が完成することで、水道普及率は17%から55%になるとみられている。

多くの自治体が官民連携を組みながら、技術員の派遣や、提案機会を得るなど海外水ビジネス展開へ動き出している。今回の北九州市の受注を機に今まで積極的な動きを見せていなかった自治体も海外市場を視野にいれた動きに乗り出す可能性も考えられる。また自治体間で情報交換や連携を行う水ビジネスオールジャパン構想も昨年より浮上しており、今後も海外水ビジネスを目指す動きは活性化していくであろうと思われる。


関連する記事

アーカイブス

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

サントリー、「サントリー天然水」ブランドから無色透明のミルクティーを新発売。

2017年9月26日、サントリーが無色透明のミルクティー、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING [&he・・・

記事全文

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR