日立製作所 中国水ビジネス参入本格化-国内では水道管理サービス企業の第一環境と業務提携

[ 2011/03/17 ]


日立製作所水ビジネス参入の動きが活発化している。2011年3月7日、同社は、中国四川省成都市下水道浄化システムを納入を行った。国内では3月10日に、水道管理サービス企業の第一環境と業務提携および出資について発表した。この動きは、海外水メジャーが得意とし、日本企業の弱点といわれていた運用メンテナンスなどのサービス部門の強化を狙っているとも考えられる。
(参考:日立プラントテクノロジー、中国西部大手水ビジネス企業グループ興蓉集団と事業協定 水ビジネスのグローバル化加速

日立製作所image from 日立製作所

今回、日立製作所が納入した案件は日本のメーカーが、中国市場において、運用、メンテナンスを含む本格的な水ビジネスに参入する初の事例となる。同社としては2025年までに100兆円を超えるといわれる水ビジネス市場において大きな位置占める中国市場へ進出するために、事業力の強化を計画している。その動きの一環が、第一環境との業務提携および出資の動きではないかと思われる。

水ビジネスにおける日本企業の強みは、キーデバイスであるろ過幕技術水処理技術などである。これらの分野は世界のトップといわれる。また、プラント建設などのハード面でも海外水メジャーと伍していくことは可能である。しかし、運用メンテナンスを含む水ビジネスにおけるサービス提供において、企業側にはノウハウが欠如していることが日本の最大の問題といわれてきた。現在その問題は、官民連携などにより、徐々に体制を作りつつあるが、海外水メジャーの牙城は高い。

実際に2025年までに膨れ上がるといわれる水ビジネス市場においても、キーデバイス部門は1兆円プラント建設は10兆円その残り約90億円が運用、メンテナンスを含むサービスの提供になるといわれている。今後日本企業、または官民連合組織が、海外水メジャーに対抗し、水ビジネス市場にどこまで食い込んでいけるか、今後の動きを見守って行くとともに、日本勢がんばれと声援を送りたい。


関連する記事

アーカイブス

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR