日立製作所 中国水ビジネス参入本格化-国内では水道管理サービス企業の第一環境と業務提携

[ 2011/03/17 ]


日立製作所水ビジネス参入の動きが活発化している。2011年3月7日、同社は、中国四川省成都市下水道浄化システムを納入を行った。国内では3月10日に、水道管理サービス企業の第一環境と業務提携および出資について発表した。この動きは、海外水メジャーが得意とし、日本企業の弱点といわれていた運用メンテナンスなどのサービス部門の強化を狙っているとも考えられる。
(参考:日立プラントテクノロジー、中国西部大手水ビジネス企業グループ興蓉集団と事業協定 水ビジネスのグローバル化加速

日立製作所image from 日立製作所

今回、日立製作所が納入した案件は日本のメーカーが、中国市場において、運用、メンテナンスを含む本格的な水ビジネスに参入する初の事例となる。同社としては2025年までに100兆円を超えるといわれる水ビジネス市場において大きな位置占める中国市場へ進出するために、事業力の強化を計画している。その動きの一環が、第一環境との業務提携および出資の動きではないかと思われる。

水ビジネスにおける日本企業の強みは、キーデバイスであるろ過幕技術水処理技術などである。これらの分野は世界のトップといわれる。また、プラント建設などのハード面でも海外水メジャーと伍していくことは可能である。しかし、運用メンテナンスを含む水ビジネスにおけるサービス提供において、企業側にはノウハウが欠如していることが日本の最大の問題といわれてきた。現在その問題は、官民連携などにより、徐々に体制を作りつつあるが、海外水メジャーの牙城は高い。

実際に2025年までに膨れ上がるといわれる水ビジネス市場においても、キーデバイス部門は1兆円プラント建設は10兆円その残り約90億円が運用、メンテナンスを含むサービスの提供になるといわれている。今後日本企業、または官民連合組織が、海外水メジャーに対抗し、水ビジネス市場にどこまで食い込んでいけるか、今後の動きを見守って行くとともに、日本勢がんばれと声援を送りたい。


関連する記事

アーカイブス

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

エミレーツ航空、水資源を配慮した機体洗浄法を採用。

2017年6月4日、エミレーツ空港が水資源を配慮した機体洗浄法の採用を発表した。 (参照:ライオン、排水リサイ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR