日立製作所 中国水ビジネス参入本格化-国内では水道管理サービス企業の第一環境と業務提携

[ 2011/03/17 ]


日立製作所水ビジネス参入の動きが活発化している。2011年3月7日、同社は、中国四川省成都市下水道浄化システムを納入を行った。国内では3月10日に、水道管理サービス企業の第一環境と業務提携および出資について発表した。この動きは、海外水メジャーが得意とし、日本企業の弱点といわれていた運用メンテナンスなどのサービス部門の強化を狙っているとも考えられる。
(参考:日立プラントテクノロジー、中国西部大手水ビジネス企業グループ興蓉集団と事業協定 水ビジネスのグローバル化加速

日立製作所image from 日立製作所

今回、日立製作所が納入した案件は日本のメーカーが、中国市場において、運用、メンテナンスを含む本格的な水ビジネスに参入する初の事例となる。同社としては2025年までに100兆円を超えるといわれる水ビジネス市場において大きな位置占める中国市場へ進出するために、事業力の強化を計画している。その動きの一環が、第一環境との業務提携および出資の動きではないかと思われる。

水ビジネスにおける日本企業の強みは、キーデバイスであるろ過幕技術水処理技術などである。これらの分野は世界のトップといわれる。また、プラント建設などのハード面でも海外水メジャーと伍していくことは可能である。しかし、運用メンテナンスを含む水ビジネスにおけるサービス提供において、企業側にはノウハウが欠如していることが日本の最大の問題といわれてきた。現在その問題は、官民連携などにより、徐々に体制を作りつつあるが、海外水メジャーの牙城は高い。

実際に2025年までに膨れ上がるといわれる水ビジネス市場においても、キーデバイス部門は1兆円プラント建設は10兆円その残り約90億円が運用、メンテナンスを含むサービスの提供になるといわれている。今後日本企業、または官民連合組織が、海外水メジャーに対抗し、水ビジネス市場にどこまで食い込んでいけるか、今後の動きを見守って行くとともに、日本勢がんばれと声援を送りたい。


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR