福島第一原発事故-周辺海域で5700倍の濃度となる放射性物質検出。原子力安全委員会、海洋水への影響を懸念

[ 2011/03/31 ]


2011年3月30日、文部科学省は、福島県沿岸から30キロの海域における放射性物質の濃度が、一昨年の計測値に比べ5700倍となっていることを発表した。福島第一原発では、放水口から高濃度の放射性物質の検出が続いていており、同省では海水調査を続行している。原子力安全委員会では、今後、海洋水への影響を懸念し、調査の必要性があるとしている。
(参考:福島第一原発事故による水道水放射線問題-東京都では八王子が対象地域から漏れる。千葉県では22日に八千代市で福島県外初の370ベクレル検出

ふくいちライブカメラimage from 東京電力

文部科学省の発表によると、28日に沖合い30キロの海域、深さ122~160mの深さの5箇所のポイントから取水。その海水の放射性物質の濃度の調査を行った。その結果、調査ポイントの1箇所において、放射性セシウム137が、8.64ベクレルと一昨年の同じ場所に比較し5700倍の濃度となっていることが分かった。放射性セシウム、放射性ヨウ素は調査ポイントの3箇所から検出。

この調査結果を受け、原子力安全委員会は、放射性物質が海洋の深層まで達しているという見解を示した。海水により拡散され濃度は薄まると考えられるが、海草や魚の生息する環境への影響を考え、今後も引き続き調査の必要性があるとした。半減期の長い放射性セシウムに関しては、魚介類などの生態系による生物濃縮に対し懸念を表明している。


関連する記事

アーカイブス

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR