福島第一原発事故-周辺海域で5700倍の濃度となる放射性物質検出。原子力安全委員会、海洋水への影響を懸念

[ 2011/03/31 ]


2011年3月30日、文部科学省は、福島県沿岸から30キロの海域における放射性物質の濃度が、一昨年の計測値に比べ5700倍となっていることを発表した。福島第一原発では、放水口から高濃度の放射性物質の検出が続いていており、同省では海水調査を続行している。原子力安全委員会では、今後、海洋水への影響を懸念し、調査の必要性があるとしている。
(参考:福島第一原発事故による水道水放射線問題-東京都では八王子が対象地域から漏れる。千葉県では22日に八千代市で福島県外初の370ベクレル検出

ふくいちライブカメラimage from 東京電力

文部科学省の発表によると、28日に沖合い30キロの海域、深さ122~160mの深さの5箇所のポイントから取水。その海水の放射性物質の濃度の調査を行った。その結果、調査ポイントの1箇所において、放射性セシウム137が、8.64ベクレルと一昨年の同じ場所に比較し5700倍の濃度となっていることが分かった。放射性セシウム、放射性ヨウ素は調査ポイントの3箇所から検出。

この調査結果を受け、原子力安全委員会は、放射性物質が海洋の深層まで達しているという見解を示した。海水により拡散され濃度は薄まると考えられるが、海草や魚の生息する環境への影響を考え、今後も引き続き調査の必要性があるとした。半減期の長い放射性セシウムに関しては、魚介類などの生態系による生物濃縮に対し懸念を表明している。


関連する記事

アーカイブス

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書まとめる

ユニセフとWHO 「保健ケア施設における水と衛生」報告書で世界の水供給についてまとめる (参照:IWA世界会議 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR