福島第一原発事故-周辺海域で5700倍の濃度となる放射性物質検出。原子力安全委員会、海洋水への影響を懸念

[ 2011/03/31 ]


2011年3月30日、文部科学省は、福島県沿岸から30キロの海域における放射性物質の濃度が、一昨年の計測値に比べ5700倍となっていることを発表した。福島第一原発では、放水口から高濃度の放射性物質の検出が続いていており、同省では海水調査を続行している。原子力安全委員会では、今後、海洋水への影響を懸念し、調査の必要性があるとしている。
(参考:福島第一原発事故による水道水放射線問題-東京都では八王子が対象地域から漏れる。千葉県では22日に八千代市で福島県外初の370ベクレル検出

ふくいちライブカメラimage from 東京電力

文部科学省の発表によると、28日に沖合い30キロの海域、深さ122~160mの深さの5箇所のポイントから取水。その海水の放射性物質の濃度の調査を行った。その結果、調査ポイントの1箇所において、放射性セシウム137が、8.64ベクレルと一昨年の同じ場所に比較し5700倍の濃度となっていることが分かった。放射性セシウム、放射性ヨウ素は調査ポイントの3箇所から検出。

この調査結果を受け、原子力安全委員会は、放射性物質が海洋の深層まで達しているという見解を示した。海水により拡散され濃度は薄まると考えられるが、海草や魚の生息する環境への影響を考え、今後も引き続き調査の必要性があるとした。半減期の長い放射性セシウムに関しては、魚介類などの生態系による生物濃縮に対し懸念を表明している。


関連する記事

アーカイブス

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム完成

NPO法人はちろうプロジェクト 遊びながら学べる環境カードゲーム「はちリバ」完成 (参照:小山市 「土地改良施 [&he・・・

記事全文

(株)チック 水中ドローンのWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも

(株)チック 水中ドローン「BlueROV2」のWEBショップ開設 導入や運用、専門スクールも (参照:CFD [&he・・・

記事全文

DCMホールディングス 水に浸して使う土のう袋を発売

DCMホールディングス 水に浸すと膨らむ土のう袋を発売 (参照: 厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等 [&he・・・

記事全文

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用新配送サービスを開始

ラストワンマイル協同組合 水やペットボトル入りドリンク類専用の新しい配送サービスを開始 (参照:ヒルトン名古屋 [&he・・・

記事全文

アトラスコプコ(株) 東ティモールで「Water for All」プロジェクトを始動

アトラスコプコ(株) 東ティモールで水や衛生環境改善のための「Water for All」プロジェクトを始動 [&he・・・

記事全文

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、本格スタート

ヤマハ発動機 新興国に向けた小型浄水装置、セネガルで本格導入 (参照:三井住友建設(株) カンボジアでの上水道 [&he・・・

記事全文

未来工業と和仁農園 田んぼで使える自動止水装置を共同開発 

未来工業と和仁農園 田んぼの自動止水装置を共同開発 (参照:メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統 [&he・・・

記事全文

サントリー 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結

サントリーホールディングス(株) 山梨県と「育水の推進等に関する連携協定」を締結 (参照:(株)バスクリン 森 [&he・・・

記事全文

産総研 地下水情報が目で見てわかる地図「水文環境図」を更新

産総研 地下水情報が可視化された地図「水文環境図」を更新しWEBで公開 (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能 [&he・・・

記事全文

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け川の調査へ

埼玉県 海のマイクロプラスチック問題を受け、川のプラごみ調査を開始 (参照:美祢市 名水育ちの養殖ニジマス「ま [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR