【コラム】避難民キャンプに清潔な水を-日本人ロジスティシャンの活動から 国境なき医師団(MSF)

[ 2011/04/12 ]


※当記事は非営利で国際的な医療や人道援助を行う民間団体「国境なき医師団(MSF)」様よりご提供いただいています。

ある日、突然に襲撃がはじまり、着の身着のまま避難した先では、ラジオ放送が自分の死を報じている-これは、コンゴ民主共和国で活動する国境なき医師団(MSF)のチームが、実際に避難民となった人から聞いた話です。2009年、MSFが援助活動を開始するきっかけとなった出来事のなかで最も大きな割合を占めていたのは、「武力紛争」でした。MSFは、一夜にして生活の全てを失い、人口過密な国内避難民キャンプで不自由な生活を送る人びとに、医療ケアだけではなく、清潔な水を提供する活動も行っています。

国境なき医師団(MSF)

スーダン・ザリンゲイの国内避難民キャンプで、地域のリーダーと。 2007年、スーダンにて撮影。
Image from 国境なき医師団(MSF)

スーダンは、エジプトの下に位置し、エチオピアとチャドの間にある、アフリカ大陸最大の国です。スーダン西部のダルフール地域では、2000年前半から紛争が激化し、国連の推計では200万人以上の人びとが家を追われて国内避難民となりました。

スーダンの国内避難民キャンプで活動を行った小口ロジスティシャンは、過去の活動を振りかえり、こう語ります。

「2007年にザリンゲイという場所の国内避難民キャンプで活動したのですが、10トンぐらいの大きな水のタンクが3つあり、飲み水やシャワー、医療施設で使用されていました。」

タンクにためる水は、近くにあるワディ川から調達し、飲料水用として使用できるよう消毒してからタンクに貯蔵していました。しかし、ザリンゲイは砂漠地帯であるため、乾季になると水が干上がり、水脈は砂の中に隠れてしまいます。小口ロジスティシャンは現地スタッフらと力をあわせて、この水を、ウェル・ジェッティングという方法でくみ上げていました。

「細長いパイプの先にモーターポンプがつながっている、L字型の専用機具があるのですが、このパイプ部分を砂の奥深くに差し込みます。その後、少し離れた砂の上に穴を掘り、パイプから伸びる吐水ホースと、モーターポンプから出ている給水ホースを設置し、すこし水を入れておきます。モーターポンプを動かすと、砂の中にある水脈から吸い上げられた水がパイプとホースの中を循環し、水圧でどんどん水が掘った穴の中に溜まる仕組みになっています。」

人口が過密な避難民キャンプでは、衛生状態を清潔に保つことで、多くの病気の発症を未然に防ぐことができます。最低でも、一日に一人当たり15から20リットルの水が必要とされ、避難民キャンプでは、清潔な水の確保は非常に重要です。

小口ロジスティシャンは、MSFで活動を始める前、ロンドン大学の大学院で公衆衛生学を学んでいましたが、実際に現地で活動してみると、その重要性に気づいたといいます。

「清潔な環境や水が確保できないと、下痢やマラリアなど、治療できる病気で多くの人の命が失われてしまいます。ザリンゲイのキャンプでの活動を通じて、清潔な水を確保することがどれだけ大切かということを、身をもって体験しました。」

つづく

インフォメーション
国境なき医師団(MSF)の活動について知ってください>
メディアで報じられることのないニュース、現場の今を毎日お伝えしています。 MSFのホームページはこちらからご閲覧ください。

ニュースレター、メールマガジンのお申し込み>

紙面版ニュースレター「REACT」(1年間無料)と、メールマガジンをぜひご購読ください。お申し込みはこちらから

過去1年分の「REACT」バックナンバーは、ウェブサイトからご覧いただくことも可能です。ご閲覧はこちらから

 

 

※当記事は非営利で国際的な医療や人道援助を行う民間団体「国境なき医師団(MSF)」様よりご提供いただいています。


関連する記事

アーカイブス

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

IWA世界会議が東京で開催される。

国際水協会(IWA:International Water Association)東京世界会議が9月16日か [&he・・・

記事全文

アメリカ中西部穀倉地帯におけるの水源の危機

アメリカでは1970年代から中西部穀倉地帯と呼ばれている地域におけるオガララ帯水層の水位低下が指摘されている。 [&he・・・

記事全文

バーチャルウォーターを考える

今日食べた食物を作るためにどれくらいの水が使われているか考えたことはあるだろうか (参照:プラスチックごみもC [&he・・・

記事全文

日本の名水百選

日本各地にある平成の名水選を紹介する。 (参照:静岡・三島の源兵衛川が世界水遺産に登録。)[ 2018/09/10 ]

記事全文

日本水フォーラムがはじめた水検定

水に関して知識に自信のある方受けてみませんか? (参照:東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル)

記事全文

水道の検診にもスマートメーター

水道スマートメーターの活用に向けて開発・研究が動き始めている。 (参照:株式会社クボタ、次世代の水道管を開発)

記事全文

荒瀬ダム国内初のダム撤去

国内初の本格的なダムの撤去となった熊本県八代市坂本町の県営荒瀬ダムの工事が終わった。 (参照:八ッ場ダム 費用 [&he・・・

記事全文

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR