福島第一原発事故-水道水の放射性物質検出量は軽減傾向も下水に関しては基準値もなく値も不明

[ 2011/04/12 ]


2011年4月10日、文部科学省が更新している「上水(蛇口水)、定時降下物のモニタリング」調査によると、放射性ヨウ素が検出されている自治体は、福島県宮城県茨城県栃木県群馬県埼玉県東京都神奈川県新潟県放射性セシウムについては、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県であるが、いずれも基準値を大きく下回り軽減傾向にある。一方で、下水に関しては放射線測定データーが無く、雨水などが集積される下水に関しては、今後の放射性物質汚染が懸念される状況である。
(参考:厚生労働省「放射性物質拡散による降雨後の表流水取水の抑止・停止の対応について」として全国の水道事業体、水道用水供給事業体に対し事務連絡-降雨後の取水制限を求める

文部科学省Image from 文部科学省

福島第一原発事故以降、放射性物質の測定が国、自治体などで実施されている。4月9日は関東地方を中心に小雨が降ったが、水道水中の放射性物質の検出データーは基準値を大きく下回っている。この数値は軽減傾向にある。3月23日には、関東各地で雨よるものと推測される影響で、水道水放射性ヨウ素の検出値が乳児の飲用規制値を超えたが、現在のところは大きな問題は無いようである。

一方では、この雨水が集積され流れ込む下水はどうなのかという疑問がある。上水に関しては文部科学省がモニタリングを行い連日その値を発表している。しかし、下水に関してはこのようなデーターは今のところ取られていないようである。下水に関しては国土交通省が管轄しているが、インフラ被害が大きく、下水そのものの放射性物質汚染がどのようになっているかまでは手が回っていない模様である。また実際に下水に関する放射線量の規制値なるものは存在しない。

下水といっても、処理工程では人間が関わるものであり、下水汚泥などは様々な方面でリサイクルされている。下水汚泥の焼却灰は、建築資材として利用したり、稀少金属のリサイクルなどとで再利用されている。また、汚泥そのものを燃料として使用するという試みも各自治体で行われている。雨水に含まれた放射性物質が下水処理工程で濃縮され、リサイクルされる。放射性ヨウ素は半減期が8日であるので、大きな問題は無さそうであるが、放射性セシウムは半減期が30年である。下水の放射線汚染への対策、検討が行われてもいいのではないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

トヨタとFuelCell Energy社、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す「Tri-Gen」を建設。

トヨタがFuelCell Energy社と共同で、米国カリフォルニア州でバイオマスから水素・電気・水を生み出す [&he・・・

記事全文

(株)赤ちゃん本舗、「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞2017」を受賞

2017年11月28日、株式会社赤ちゃん本舗は「水99%Superシリーズ」で「第9回マザーズセレクション大賞 [&he・・・

記事全文

プラスチックごみもCO2排出も減らせる、新発想の新しいシャンプー。『Twenty』

プラスチックごみもCO2排出も抑える環境に優しい、新発想の固形状シャンプー、「Twenty」 (参照:原料は、 [&he・・・

記事全文

福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万トン。

福島第一原発、台風による降水量増加の影響で汚染水が1万トンに。 (参照:原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁 [&he・・・

記事全文

東京都水道局、「東京水」のデザインをリニューアル。

東京都水道局がペットボトル入り飲料水「東京水」のボトルデザインを一新。 (参照:国土交通省、日本の下水道インフ [&he・・・

記事全文

福井県大野市の支援で、東ティモールの給水施設が完成。

福井県大野市の企画する「キャリングウォータープロジェクト」。東ティモールの水環境の設備の支援を行い、給水施設が [&he・・・

記事全文

国土交通省、日本の下水道インフラを世界に売り込む為、「WOW TO PROJECT」を本格化。

国土交通省が主導で官民一体で日本の下水道インフラ技術を促進する「WOW TO PROJECT」を本格化。海外展 [&he・・・

記事全文

新しいフレーバーウォーターは、ドライフルーツを入れるだけのインフュースドウォーター!

美味しく、オシャレに水分補給。ドライフルーツを入れるだけのインフューズドウォーター。 (参照:郡上発!水出しコ [&he・・・

記事全文

キリングループが気候変動、及び水資源管理対応でCDPから最高評価のAリストを獲得

国際的な非営利団体CDPがキリングループを気候変動、水資源管理対応において最高評価のAリストに認定する。 (参 [&he・・・

記事全文

野菜の育て方を変える。話題の水耕栽培ガジェット、「foop」。

野菜をオフィスで室内で育てる。IoT水耕栽培機「foop」でスマート菜園。 (参照:(株)グリーンウインド、底 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR