福島第一原発事故-水道水の放射性物質検出量は軽減傾向も下水に関しては基準値もなく値も不明

[ 2011/04/12 ]


2011年4月10日、文部科学省が更新している「上水(蛇口水)、定時降下物のモニタリング」調査によると、放射性ヨウ素が検出されている自治体は、福島県宮城県茨城県栃木県群馬県埼玉県東京都神奈川県新潟県放射性セシウムについては、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県であるが、いずれも基準値を大きく下回り軽減傾向にある。一方で、下水に関しては放射線測定データーが無く、雨水などが集積される下水に関しては、今後の放射性物質汚染が懸念される状況である。
(参考:厚生労働省「放射性物質拡散による降雨後の表流水取水の抑止・停止の対応について」として全国の水道事業体、水道用水供給事業体に対し事務連絡-降雨後の取水制限を求める

文部科学省Image from 文部科学省

福島第一原発事故以降、放射性物質の測定が国、自治体などで実施されている。4月9日は関東地方を中心に小雨が降ったが、水道水中の放射性物質の検出データーは基準値を大きく下回っている。この数値は軽減傾向にある。3月23日には、関東各地で雨よるものと推測される影響で、水道水放射性ヨウ素の検出値が乳児の飲用規制値を超えたが、現在のところは大きな問題は無いようである。

一方では、この雨水が集積され流れ込む下水はどうなのかという疑問がある。上水に関しては文部科学省がモニタリングを行い連日その値を発表している。しかし、下水に関してはこのようなデーターは今のところ取られていないようである。下水に関しては国土交通省が管轄しているが、インフラ被害が大きく、下水そのものの放射性物質汚染がどのようになっているかまでは手が回っていない模様である。また実際に下水に関する放射線量の規制値なるものは存在しない。

下水といっても、処理工程では人間が関わるものであり、下水汚泥などは様々な方面でリサイクルされている。下水汚泥の焼却灰は、建築資材として利用したり、稀少金属のリサイクルなどとで再利用されている。また、汚泥そのものを燃料として使用するという試みも各自治体で行われている。雨水に含まれた放射性物質が下水処理工程で濃縮され、リサイクルされる。放射性ヨウ素は半減期が8日であるので、大きな問題は無さそうであるが、放射性セシウムは半減期が30年である。下水の放射線汚染への対策、検討が行われてもいいのではないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR