福島第一原発事故はレベル7認定-水田土壌調査結果を発表、飯舘村では基準値5000ベクレル/kg超過。土壌に関わる地下水は?

[ 2011/04/13 ]


2011年4月12日、福島第一原発事故レベル7と認定された。同日、福島県では2回目の水田土壌調査結果を発表した。前回作付け延期の解除を見送った 飯舘村を除く7市町村では基準値を超える放射線物質の検出はされなかった。しかし、飯舘村では基準値である5,000ベクレル/kgを超過した。この土壌汚染は果たして地下水への影響はないのであろうか。
(参考:福島第一原発事故-水道水の放射性物質検出量は軽減傾向も下水に関しては基準値もなく値も不明

福島第一原発

image from 東京電力

今回の土壌検査では、放射性ストロンチウムが初めて検出されている。半減期29年であり、体内では骨に蓄積され体内被曝の元となる。ただし、今回の検出量は、極めて微量であり健康に影響は無いと発表されている。

福島第一原発事故はチェルノブイリと同じレベル7であると認定された。現在も大気や水道に関するモニタリング調査は行われている。水道水に関しては連日基準値以下であるにも関わらず、いまだ関東地方ではミネラルウォーターの購入に本数制限がつくほど売れているようである。それだけ、飲料水に対する放射線汚染の危機意識が強いということであろう。

今回発表された水田の土壌汚染の状況を見ると、果たして地下水の影響はどうなのであろうかという疑問も出てくる。産業技術総合研究所では、福島県を中心に地下水の流れのシミュレーションを行っている。同研究所では、地下水の汚染が広域まで広がる可能性は低いとしている。しかし、空中の放射性物質が降雨によって、浅い部分の地下水には影響を与える可能性は指摘している。対策としては、表層汚染を回避した深井戸の整備の必要性を訴えている。

現在、大気、水道などのモニタリングは実施され公開されているが、放射線汚染に関しては地下水下水のように現在盲点となっているものがあるのではないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR