東京電力、約4700テラベクレルの高濃度放射線汚染水が海洋へ流出と発表

[ 2011/04/22 ]


2011年4月21日、東京電力は、福島第一原発二号機から海に流出した高濃度放射線汚染水総量は約520トンであり、そこに含まれる放射性物質は、約4700テラベクレルになるという推測を発表した。テラという単位はキロ→メガ→ギガ→テラときて各1000倍づつ増える。つまりテラは1兆倍という単位であり、4700兆ベクレルということになる。
(参考:福島第一原発事故-コンリート破損により高濃度放射線水流出か?海洋水汚染に潜むバラスト

東京電力Image from 東京電力

東電が流出を確認し発表したのは、4月2日である。その日から6日間で4.3トン/時で流出したというのが計算の根拠になっている。しかし、それ以前よりの3月下旬から近隣海域で規定値を上回る放射性物質が検出されているという事実がある。この点から一部の専門家は東電の発表以上の流出があった可能性を示唆している。東電が確認できていない経路での放射線汚染水の流出は無いと言いきれるのであろうか。

今回流出した、約4700テラベクレルは、同原発の規定に定められた、1年間に外部へ放出していい放射性物質の安全基準の2万倍に相当する。そもそも単位が大きすぎて、安全なのか、危険なのか、海洋に対する影響はどうなのかが理解できない。過去において、海洋にこれだけの放射線汚染物質が流出した原発事故は無かったはずである。

東電側の説明では、流出を目視で停止確認した4月6日以降も作業を続行。21日には放射線汚染水の外部流出を完全に停止させる作業を完了したと報告している。海洋への影響に関しては即人体に影響はないとしながらも、魚介類などの分析を進めて判断をしたいとしている。

現実に健康被害が、ある無いに関係なく、風評被害は広まっており、それを終息させることは難しい。問題は国内に止まらないだけに、深刻である。政府は、近隣諸国への説明に動き出しているが、一歩間違えれば、このことだけで日本国にとって大きな風評被害を世界中に広めることになりかねない事態である。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR