福島第一原発事故-年内20万トンに及ぶ高濃度放射線汚染水の処理を目標

[ 2011/04/28 ]


2011年4月27日、東京電力は、福島第一原発事故により、タービン建屋などに溜まっている高濃度放射線汚染水の浄化作業を6月稼動へと方向修正することを発表した。この高濃度汚染水浄化プロジェクトは、年内20万トンに及ぶ高濃度放射線汚染水の処理を目標としている。
(参考:福島第一原発事故-放射線汚染水浄化に向けて長期戦の様相、漏れ出した高濃度放射線は、2万5000トン

1号機原子炉建屋南側image from 東京電力

この計画が線表通りに進捗すれば問題はない。しかし20万トンの浄化処理をするということは、20万トンの高濃度汚染水が年内で発生するということである。もし、浄化処理に齟齬が発生した場合、この発生した高濃度汚染水の行き先には危惧がもたれている。

現在、福島第一原発にはタービン建屋などに合計8万5000トンの高濃度汚染水が溜まっているとみられている。循環冷却が出来ないため、外部から冷却のため毎日500トンの水を投入している。この500トンが冷却という役目を終えると、全てが高濃度放射線汚染水へとなってしまうというわけである。その結果が年間20万トンの高濃度汚染水の発生の根拠となっている。

フランスの原子力発電の大手アレバより導入された汚染浄化システムは、毎日1200トンの処理が可能であり、計算上は発生する高濃度汚染水の処理は可能である。しかし、このような未知のプロジェクトにおいて何らかの齟齬が生じる可能性を考慮することは必須のことである。そのため、万が一の事態に備え、東京電力では1万トンの地下タンク建設を計画しているが、まだ具体的な形とはなっていない。

この高濃度汚染水処理に関するプロジェクトは世界が注視する中、実行されることになる。


関連する記事

アーカイブス

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR