内閣官房参与を辞任した小佐古教授が飲料水の放射線基準値は10倍に引き上げを主張

[ 2011/05/02 ]


2011年5月1日、枝野官房長官の会見により、内閣官房参与を辞任した小佐古教授が、飲料水放射線基準値10倍に引き上げることを主張していたことが明らかとなった。

原子力機構image from 原子力機構

4月29日、小佐古教授が内閣官房参与を辞任した。同教授は小中学生の屋外活動に対する暫定的基準値を1ミリシーベルトと主張。20ミリシーベルトとした政府の対応を批判した。しかし、同教授は飲料水などに関しては政府の定めた基準値の10倍である3000ベクレルまで引き上げることを主張したという。

このような内幕を政府が発表した背景には、同教授の主張に信頼性がないということを印象つけようとするものではないかとの見方もできる。しかし、放射線被ばくに対し、どのくらいまでが許容値なのかという知識のない一般の国民にとっては、単なる政府対応の混乱にしか見えない。

ちなみに、原子力機構のサイトに掲載されている説明では、200ミリシーベルト以下の放射線を浴び続けた場合の影響については不明であるとしている。ちなみに、放射線業務従事者の基準値が年平均20ミリシーベルト、最大50ミリシーベルトで5年間を想定している。

結局、どの程度の被ばく量が安全であるのか、許容できるのか?専門家ですら意見が分かれているという状況である。安全性に関しては、はっきりした根拠が分からないのではないかという疑念が晴れない。それは結局のところ、風評被害を広げる一因になりはしないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

アンドエレファント(株) 水のみで除菌清掃する「SteamGo」販売開始

アンドエレファント(株) 水で除菌清掃する「SteamGo」販売開始 量販店で (参照:日立 10月に高硬度水 [&he・・・

記事全文

(株)ジェイテクト 新規事業J-WeLLをスタート インドで水管理ソリューション展開

(株)ジェイテクト 新規事業水管理ソリューションJ-WeLLをインドでスタート (参照:インド 大雨や洪水の対 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR