福島第一原発沖合30mの海底土から事故前の3万8000倍の放射性物質が検出、東京電力調べ

[ 2011/05/08 ]


2011年5月5日、東京電力福島第一原発沖合30mの海底土から、事故前の3万8000倍の放射性物質が検出されたことを発表した。
福島第一原発の近海の海底土から通常の100~1000倍の放射線物質が検出、東京電力調べ。

福島第一原発image from 東京電力

検出された放射性セシウム1378万7000ベクレル/kg放射性セシウム1349万ベクレル/kg放射性ヨウ素1315万2000ベクレル/kgとなった。先日発表された3㎞沖合比べて、目前の海では更に高濃度の海底土汚染が進んでいることが判明した。

サンプルとなった海底土は放射性物質の拡散を防ぐために設置されたフェンスの外側にあったものである。採取は4月29日に行われた。東京電力側はただちに健康に被害があるものではないとしている一方で、今後の海洋生物の調査を継続するとしている。

東京電力側は、海底土の放射性汚染が進んだ理由として、2号機付近から海へ流出していた高濃度放射線汚染水の影響。また、雨などによる大気中の放射性物質が集積されたものとの見解を示している。

人体や生態系に関する影響に関し調査継続はもちろんのことである。地上への放射線濃度の拡散状況に関しては、福島県などが4キロ四方の範囲で細かくモニタリング・メッシュ調査による空中放射線量データを公表している。海洋水に関しても同様の監視体制が必要ではないだろうか。

福島県調査データ

image from 福島県


関連する記事

アーカイブス

アンドエレファント(株) 水のみで除菌清掃する「SteamGo」販売開始

アンドエレファント(株) 水で除菌清掃する「SteamGo」販売開始 量販店で (参照:日立 10月に高硬度水 [&he・・・

記事全文

(株)ジェイテクト 新規事業J-WeLLをスタート インドで水管理ソリューション展開

(株)ジェイテクト 新規事業水管理ソリューションJ-WeLLをインドでスタート (参照:インド 大雨や洪水の対 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル キッチンカープロジェクトの運用開始 水を考えるきっかけに

三菱ケミカル キッチンカー『MIZUgo』全国訪問スタート 水を考えるきっかけに (参照:アスクル(株) 「L [&he・・・

記事全文

大阪水上バス アクアライナー「お花見ナイトクルーズ」運航 4/5まで

大阪水上バス アクアライナー3/26〜4/5限定「お花見ナイトクルーズ」運航 (参照:ラグナシア 冬季限定イベ [&he・・・

記事全文

ナイキ 新たな企業宣言を策定 北極海航路不使用の立場を明確化

ナイキ コーポレイトプレッジを策定 北極海航路の不使用を宣言 (参照:サンフランシスコ空港 ペットボトル入り飲 [&he・・・

記事全文

スウェーデン SmartShakeシリーズの新製品が日本初上陸

スウェーデン 大人気シェーカー「SmartShake」シリーズ新作が日本上陸 (参照:セブンイレブン ジェイデ [&he・・・

記事全文

東京五輪 会場内へペットボトルの持ち込み容認か

2020年東京五輪 熱中症リスク軽減のためペットボトルの持ち込み容認か  (参照: サンフランシスコ空港 ペッ [&he・・・

記事全文

三浦工業(株) バラスト水処理装置が米認証取得、米国への寄港可能に

浦工業(株) バラスト水処理装置が米国沿岸警備隊の認証取得、米国への寄港可能に (参照:サンフランシスコ空港  [&he・・・

記事全文

ラグナシア 冬季限定イベントに水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場

ラグーナテンボス ラグナシア園内 水上イルミネーション「Frozen Ocean」登場 (参照:山陰海岸ジオパ [&he・・・

記事全文

国土交通省 内水氾濫のハザードマップ作成を自治体に求める

国土交通省 内水ハザードマップ作成を自治体に求める (参照:首都圏外郭放水路が台風19号による氾濫対策に貢献)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR