モグラたたき状態の福島第一原発事故-3号機冷却のため注水量を増やせば、放射線汚染水の流出が増える

[ 2011/05/09 ]


2011年5月6日、東京電力の発表によると福島第一原発3号機の原子炉温度1週間前から上昇を続けている。しかし、この冷却のため注水量を増やせば、放射線汚染水の流出が増えるという問題がある。一つの問題を解決すると、新たな問題が浮上する。まさにモグラ叩きである。
(参考:福島第一原発の近海の海底土から通常の100~1000倍の放射線物質が検出、東京電力調べ。

設備の現況(福島第一原発)

設備の現況(福島第一原発)

image from 東京電力

とにかく、解決までの道筋の見えないデスマーチを突き進んでいるようである。1週間前から3号機原子炉温度が上昇。現時点の温度が162度で上昇がいまだ続いている。

東京電力原子力安全・保安院によると、1号機冷却のために1号機への注水を増やしたことが3号機の温度上昇につながっているという。原子炉冷却水を送る配水パイプは1号機から3号機までつながっている。そのため、1号機を重点的に冷却すれば、3号機の温度が上がるということである。

では、「注水量を増やせばいいではないか?」というと、それがそう簡単ではない。一応、東京電力では注水量を毎時10トンに増加することを方針として打ち出した。しかし、その結果放射線汚染水の流出が増えるということになる。関係者からは配管から冷却水が漏れているのではないかと指摘する声も上がっている。中々解決の道の見えない問題である。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR