海洋放射線汚染に警戒感、国際原子力機関がコメント-文部科学省、水産庁が調査体制強化を発表

[ 2011/05/09 ]


2011年5月5日、文部科学省水産庁福島第一原発事故による海洋放射線汚染に対する調査体制の強化を発表した。観測地点を48か所から105か所と倍増以上にすることで、監視強化を行うとしている。また、海洋汚染に関しては、国際原子力機関がコメントするなど、海外の注目も高くなってきている。
(参考:福島第一原発の近海の海底土から通常の100~1000倍の放射線物質が検出、東京電力調べ。

水産庁
image from 水産庁

福島第一原発から流出した放射線汚染水の拡散が懸念されている。外洋への流出を防ぐためのフェンスを設置していたが、30㎞沖合でも海底土から放射線汚染が確認されている。

海産資源に関する放射線汚染への影響も調査することになる。カツオ、イワシ、サバなどについてはサンプリング調査を実施するとしている。この結果についてはサイトにて公開をする予定である。

一方で海洋放射線汚染は、国内の問題にとどまらない。国際原子力機関は5月5日に、2年以内に放射性物質を含んだ海水が北米西海岸まで到達すると発表した。この海水は黒潮の流れに乗って到達する。濃度は極めて低く問題にならないとしているが、このような公式発表が風評被害にどこまで効果があるものなのかは、今まで見てきたことを思うと暗澹(あんたん)たる気持ちにならざるを得ない。


関連する記事

アーカイブス

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見

NASA探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌで水の成分発見、重要試料回収なるか (参照:JAXA、はやぶさ [&he・・・

記事全文

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結

日本水道協会と水資源機構が「災害時における支援活動に関する協定」を締結、災害時の給水活動に協力 (参照:高知  [&he・・・

記事全文

本山合金製作所 工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発

本山合金製作所と津山工業高等専門学校、工場排水から高効率でフッ素除去ができる磁性吸着剤を開発 (参照:高知 豪 [&he・・・

記事全文

岐阜県 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成

岐阜県関市 小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成、稼働 (参照:関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2 [&he・・・

記事全文

全国清涼飲料連合会 2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す

全国清涼飲料連合会、2030年度までにペットボトルの有効利用100%を目指す「プラスチック資源循環宣言」 (参 [&he・・・

記事全文

メタウォーターと月島機械の共同企業体 ベトナム ホイアン市で下水処理施設完成させる

メタウォーターと月島機械の共同企業体(JV)受注の下水処理施設完成 ベトナム ホイアン市 (参照:デンマーク  [&he・・・

記事全文

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」募金で北海道東部地震へ寄付

北海道コカ・コーラボトリング 「い・ろ・は・す 天然水」売上の一部を北海道東部地震へ寄付 (参照:アサヒ飲料、 [&he・・・

記事全文

浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化するモジュール「Wクリーン」を共同開発

浪速工作所と日本スレッド 水の浄化モジュール「Wクリーン」を共同開発、工業用水を食品洗浄水に (参照:水の有効 [&he・・・

記事全文

株式会社ブラウンシュガー1ST 水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売

株式会社ブラウンシュガー1ST 特許技術で電気分解した水でできた洗浄剤「水洗いシュシュ」シリーズ 発売 (参照 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR