福島第一原発、原子炉冷却停止の工程表は1カ月で見直し-原子炉冷却停止工程表見直しへ

[ 2011/05/10 ]


2011年5月10日、東京電力が4月17日に提示した原子炉冷却停止工程表は1カ月で見直しとなる。計画では6~9カ月以内で原子炉を冷却停止させる計画であった。「野外放射線量の多さ」、「高濃度汚染水の水位が下がらない」、「原子炉の温度低下がみられない」など、あまりの課題が多い。
(参考:モグラたたき状態の福島第一原発事故-3号機冷却のため注水量を増やせば、放射線汚染水の流出が増える

文部科学省image from 文部科学省

既に東京電力は、1カ月の節目となる5月17日には工程表を見直す方針を発表している。福島第一原発の原子炉の状態を見てみると、1号機は比較的順調に循環冷却システムの設置準備が進んでいる。1日には格納容器内の圧力計を調節する。しかし、比較的順調な1号機でも放射線量の高さが原因により作業が進まない部分がある。

2号機は、高濃度放射線汚染水が最大の問題である。移送作業を進めているが、水位の低下がみられないのである。やはり冷却水などの漏れなどの問題があるのではないだろうか。

3号機が最大の問題である。原子炉圧力容器の温度が下がらない。冷却水の注水を増やしているが、その効果が出ていない状況である。結局、注ぎ込まれた冷却水は高濃度汚染水になっているだけではないだろうか。

福島第一原発事故放射線流出は今も続いている。土壌からは高濃度の放射性物質が検出され、海水からはストロンチウムまで検出されることになった。文部科学省と米エネルギー省の4月の調査によると、原発の北西方向にある浪江町、双葉町、南相馬市、飯舘村、葛尾村では、チェルノブイリ原発事故の避難基準数値を上回る300万~1470万ベクレル/平方メートルの土壌汚染が進んでいるという。

この先、事故が長期化することによって、本格的な計測が開始された海洋汚染の方の実態も深刻化してくるのではないだろうか。海洋汚染は、日本という国にとって致命傷になりかねない。早急な解決を願うしかない。次回の工程表には問題点解決の道筋が盛り込まれることを期待する。


関連する記事

アーカイブス

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラHBCスイス 大気中の二酸化炭素を活用した発泡ミネラルウォーターを発売へ

コカ・コーラHBCスイス 大気から集めた二酸化炭素を注入した発泡ミネラルウォーターを製品化へ (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

国土交通省近畿地方整備局 渡月橋上流に伸縮型堤防の設置を決定

国土交通省近畿地方整備局 嵐山の渡月橋上流に伸縮型堤防の設置を決定 (参照:高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を [&he・・・

記事全文

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR