関西でも水道放射線量へ警戒感-非常時の放射線量観測の要員不足も

[ 2011/05/12 ]


福島第一原発から直線距離で500㎞以上離れた関西においても水道水放射線量へ警戒感が高まっている。2011年5月2日、滋賀県の嘉田由紀子知事が琵琶湖の監視体制強化に対し言及する他、他の関西府県においても、住民の不安の声に押される形で自治体の対策が進められようとしている。
(参考:厚生労働省 「第1回水道水における放射性物質対策検討会」を開催-データ収集の強化、情報公開の科学的裏づけに対し提言

琵琶湖大橋Image from hazuijunpe

特に今問題として浮上しているのが高浜原発など14か所の原発が稼働する福井県との距離が近い琵琶湖の問題である。その距離は20㎞も離れていない。関西の水瓶である琵琶湖に対する安全対策は十分なのか。その対策が関西各府県で急がれている。

現在問題となっているのが、要員確保である。京都府では、保健環境研究所の専門的な知識を持つスタッフが現在も府内7か所で放射線量を監視中である。しかし、問題となるのがその要員の数である。

原発の非常事態に対しては従来の想定では8㎞から10㎞の被害を想定していた。しかし、福島第一原発事故を受けその距離が見直されている。現在、同研究所の専門要員は最大限に動員しても40人程度。これは原発の被害範囲が20㎞に拡大すると機材、人員とも対応できないとしている。

兵庫県においても、防災計画の見直し、琵琶湖以外の水道水への取水系を模索するなどの対策が検討されている。しかし、関係者の間では課題は山積みであるとその困難性を主張する声も上がっている。

福島第一原発に端を発する原子力発電への不信感は全国的な高まりを見せている。5月10日は菅直人首相が原子力行政に対する見直しを発言するなど、今後の日本のエネルギー行政を含め、原発の存在は日本の大きな課題となっている。


関連する記事

アーカイブス

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラHBCスイス 大気中の二酸化炭素を活用した発泡ミネラルウォーターを発売へ

コカ・コーラHBCスイス 大気から集めた二酸化炭素を注入した発泡ミネラルウォーターを製品化へ (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

国土交通省近畿地方整備局 渡月橋上流に伸縮型堤防の設置を決定

国土交通省近畿地方整備局 嵐山の渡月橋上流に伸縮型堤防の設置を決定 (参照:高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を [&he・・・

記事全文

魚津埋没林博物館 地下水に秘められた力を海水と比較、研究

魚津埋没林博物館 杉材のブロックを使用し地下水に秘められた力を海水と比較、研究 (参照:いちごホールディングス [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR