福島第一原発事故-放射線汚染水処理1トン2億提示?フランスアレバ社は汚染水を何トン処理しようが費用は変わらないと明言

[ 2011/05/27 ]


2011年5月26日、 福島第一原発事故放射線汚染水処理に関し、フランス・アレバ社に支払う費用に関して様々な情報が飛んでいる。
(参考:福島第一原発事故-年内20万トンに及ぶ高濃度放射線汚染水の処理を目標

東京電力image from 東京電力

ネットを含め現在、アレバ社に支払う金額に関しては様々な情報が流れている。「1トン2億円」という情報もあれば、「1トン1億円」という情報もある。5月20日に放送されたBSフジPRIME NEWSに出演したアレバ社の日本法人代表は、今回の事案については、あくまでも6週間で設置できる設備の売却であるとしている。同番組のwebサイトでは過去2週間分のハイライト動画をweb配信しているので、見逃した人はこちらから確認できる。

ただ、放射線汚染水除去には専用の薬剤が必要であり、今後ランニングコストとして発生する可能性があるのではないか。設備の売却のみという言葉をそのまま信じていいのかという疑問は残る。

実際の費用に関しては、契約上の問題であり、公開はしていない。そのこと自体は企業間の契約であり当然のことであろう。よって、実際にその金額がどの程度のものであるのかは不明である。今は、東京電力が支払可能であると判断して、契約を結んだということを信じておきたい。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR