下水汚泥・焼却スラグ問題、関東から中部・北陸まで拡散中、政府は指針を示さず-自治体は下水汚泥リサイクルの停止で対応に苦慮

[ 2011/06/06 ]


2011年6月3日、長野県下水道処理施設から放射性セシウムが検出したことを発表。また、6月2日には新潟県で7か所の下水処理施設から放射性セシウムが最大で336ベクレル/kgが検出された。下水の放射線汚染は関東地方から中部・北陸まで広がりを見せている。
(参考:福島第一原発事故-下水汚泥、焼却灰の放射線汚染が全国に拡大、建材利用として既に流通か

新潟市・中部下水処理場Image from 新潟市・中部下水処理場

現在、放射性物質が検出された下水汚泥焼却スラグに関しては自治体の判断で、リサイクル処理を停止している。このため、下水処理で生成される下水汚泥、焼却スラグがたまる一方となり、苦慮している自治体も多くなってきている。

5月12日には福島県の下水処理施設における放射性物質の検出を受け、国土交通省では福島県に対する対策の指針は出している。しかし、現在全国に広がっている放射性物質により汚染された下水汚泥焼却スラグの一時保管をどうするのかなどは、処分方法の指針を示せないでいる。

この問題は、下水処理施設の管轄は国土交通省、焼却スラグをセメントにするなどリサイクル工程に入ったものは管轄が経済産業省、下水汚泥を埋め立てに使用する場合は管轄が環境省などに分かれている。関係する組織が多く対応基準の方針を決めることに手間取っているとのことである。

各自治体では、リサイクル処理業者の受け入れ拒否などもあり、その対応には苦慮している。群馬県などでは、5月20日に政府に対し、取扱い基準の明確な指針の提示と、処理費用支援を求める要望書を提出している。

下水の放射線汚染の問題は、発生するのが当然であり、かなり早い段階で危険性を指摘する声も上がっていた。政府は早急に明確な基準の策定を行う必要があると思われる。


関連する記事

アーカイブス

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 抗肥満効果など

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 大分大学医学部と共同研究 (参照: アサヒ飲料(株) 「 [&he・・・

記事全文

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR