福島第一原発事故-各地で自治体独自調査が進む、都内の下水処理施設周辺から高濃度放射線量を確認

[ 2011/06/08 ]


2011年6月7日、NO!放射線「江東こどもを守る会」が、東京都が主体となり、調査をする要望書を提出した。現在、東京都では新宿区がモニタリングポス トとなっているが地上18メートルの位置であり現実的ではないと意見がある。既にホットスポットといわれる局所的な高レベル汚染も確認されている。
(参考:下水汚泥・焼却スラグ問題、関東から中部・北陸まで拡散中、政府は指針を示さず-自治体は下水汚泥リサイクルの停止で対応に苦慮

東部スラッジプラント
image from 東部スラッジプラント

同会では神戸大学の山内和也教授に委託し5月27日から3日間、江東区内の各所を調査。下水処理施設である東部スラッジプラント付近で、1時間あたり0.2マイク ロシーベルトを超えていた。これは、年間被ばく量に換算すると、福島県で基準となっている年間1.0ミリシーベルトを超えるものとなる。

下水処理施設では、雨水などにより空中の放射性物質が集積される可能性が高いとしている。また、同施設では放射性物質の処理を想定しているものではないため、処理の過程で外部に放射性物質が流出している可能性があるとしている。

また、5月12日以降、都内では下水焼却スラグのリサイクルが完全に停止している。そのため、下水処理の過程で生成される焼却スラグの蓄積場所に苦慮する 事態となっている。下水における放射線汚染に対する国の指針の決定が遅れているため、その処理に対する明確な方針を打ち出せないためである。

東京都では、自治体独自の判断で動くべきであるとの声も上がっている。その一つが今回の「江東こどもを守る会」の要望書提出である。東京都の隣の千葉県で はすでに船橋市松戸市市川市で独自の放射線調査を開始している。東京都でも放射線量の調査を含め、自治体独自の判断で動く局面に来ているのでは ないだろうか。


関連する記事

アーカイブス

日本製粉(株)  「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施

日本製粉(株)  日本ユニセフ協会の「ユニセフ支援ギフト」による支援を実施 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ・・・

記事全文

AQUA JACKET(株) 社会貢献できる2種類のミネラルウォーターを発売

AQUA JACKET(株) 社会貢献できるミネラルウォーター「NOT JUSTA BOTTLE」発売 (参照:(株)J・・・

記事全文

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 数字表記も

国際水路機関 海図の日本海の呼称継続暫定 「東海」含まず (参照:2020年の世界水週間の中止が決定 新型コロナで)

記事全文

(株)フォレストホームサービス 浄水システム「WACOMS WATER SYSTEM」を新発売

(株)フォレストホームサービス 国内初 天然サンゴ使用の浄水システムを新発売 (参照:株式会社Gloture スマホで管・・・

記事全文

南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した事業者に対し給付金支給へ

南房総市 小向ダム渇水で売上減少事業者に対し給付金支給へ (参照:宇都宮市 田んぼダム普及で水害に強い街づくりを目指す)・・・

記事全文

小向ダム

セイスイ工業(株) 油分や有害物を分離して処理する「災害時排水処理システム」を提供

セイスイ工業(株) 「災害時排水処理システム」を提供 被災現場での早期復旧を目指す (参照:渋谷駅 地下雨水貯留施設供用・・・

記事全文

(株)一条工務店 防災科学技術研究所と開発の「水に浮かぶ家」商品化、発売へ

(株)一条工務店 「水に浮かぶ家」商品化、発売へ 浸水対策を強化 (参照:(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対・・・

記事全文

水に浮かぶ家

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌・地下水に対する新しい浄化システムを開発

(株)竹中工務店ら VOC汚染土壌を温めて浄化を促進する新しいシステムを開発 (参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケール・・・

記事全文

環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が下がりすぎた問題で法改正へ

環境省 瀬戸内海の「きれいになり過ぎた」問題で法改正へ 水域を分けて対策 (参照:長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解・・・

記事全文

日本地下水開発(株) 地中熱で雪国に適した省エネ冷暖房を開発

日本地下水開発(株) 地中熱で省エネ冷暖房を開発 病院などへ導入を目指す(参照:NEDO・東北大ほか 温泉スケールが付着・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR