沿岸地域の放置されたヘドロによる二次被害を懸念-梅雨シーズンを控え感染症拡大の可能性

[ 2011/06/09 ]


2011年6月5日、東日本大震災により発生した津波により、沿岸地域には大量のヘドロが巻き上げられた。このヘドロの処理が進まない。放置されたヘドロによる二次被害を懸念する報道がなされている。梅雨シーズンを控え感染症の拡大の可能性が指摘されている。
(参考:福島第一原発事故-夏のレジャーシーズンを控え、海、湖沼、川の遊泳可否について国としての基準設定へ

IMG_4618image from OKAMOTOAtusi

ヘドロの総量すら全く分からない。被災した東北3県ではその被害の範囲も把握しきれていない状況である。街中に放置されたヘドロ、腐敗した海産物による衛生問題が浮上している。専門家は、早急に国として対応すべきであると指摘している。

ヘドロには、中毒を起こす有毒物質だけではなく、感染症の原因となる破傷風菌レジオネラ菌ノロウイルス。そして、「人食いバクテリア」といわれる毒性の強いビブリオ・バルニフィカスなどの温床となっている。これに梅雨がとなると雨によりヘドロは大きく広がることになる。そして本格的な夏を迎えると、ヘドロは乾燥し、粉じんとなり更に広範囲に広がることが懸念されている。病原菌は乾燥しても死に絶えないので、感染症が拡大する可能性が高い。

福島第一原発事故のにより、放射性物質の汚染にだけ目がいきがちであり、ヘドロ処理は完全に後手となっている。国として一刻も早い対応が求められる。


関連する記事

アーカイブス

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR