【コラム】続・避難民キャンプに清潔な水を~日本人ロジスティシャンの活動から~国境なき医師団(MSF)

[ 2011/06/10 ]


※当記事は、非営利で国際的な医療や人道援助を行う民間団体「国境なき医師団(MSF)」様よりご提供頂いております。
(参考:【コラム】避難民キャンプに清潔な水を-日本人ロジスティシャンの活動から 国境なき医師団(MSF)

朝起きて水栓をひねり、眠い目をこすりながら洗顔する――この何気ない、たった1分程度の時間のうちに、日本人は平均して2リットル入りペットボトル6本分の水を消費しているといわれています。ところが世界には、1日の生活のすべてを、ペットボトル710程度の水でまかなわなくてはならない難民や国内避難民(IDP=internally displaced persons)の人びとがいます。

国連の推計によると、2009年には日本の総人口のおよそ4分の1にあたる人びとが、世界各国で強制移動を余儀なくされています。国境なき医師団(MSF)は、武力紛争や迫害から逃れてきた人びとが避難生活を送っている場所で、医療や清潔な水などを提供しています。

2007年から2009年にかけて、アフリカのスーダンやコンゴ民主共和国で援助活動に従事した、MSF小口ロジスティシャンは語ります。

「健康であるということは、日本人であるか、避難民の人であるかに関係なく、だれにでも認められている権利です。」

MSFのロジスティシャンは、病院で使う物資の調達や管理をはじめ、多岐にわたる業務を担当することで、MSFの医療チームをサポートしています。難民・IDPキャンプ内での援助活動の場合、人びとが清潔で安全な環境で暮らせるように給水施設簡易便所の設置などの業務も担当します。

また、経験だけではなく臨機応変な対応が必要とされているのも、この仕事の大きな特徴です。給水用のタンクひとつを設置するにしても、砂漠の奥深くに隠れている水脈からくみ上げたり、山の上にある水源からパイプを通して運んだりと、一筋縄では行かないことが多いからです。

アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)国内では、2010年の国連推計だけでも、230万人以上の、隣国からの難民やIDP となった人びとが生活を送っていると言われています。新潟県の総人口に匹敵するこれらの人びとは、住み慣れた家を失い、不自由な避難生活を強いられているのです。過去に、この国で活動したことのある小口ロジスティシャンは、こう説明します。

「多くの人びとが紛争から逃れて暮らしている地域では、民族間の緊張が極度に高まっていることもあるため、注意が必要です。政治的な利害関係から、水源を汚染されてしまわないよう、配水用のパイプが壊されていないか確認することはもちろん、周囲をコンクリートで固めたり、IDPキャンプに設置している水のタンクの周辺にも警備員を配したりと、状況に応じて対応していくことが重要です。」

このように、MSFのロジスティシャンは、活動を通じて人びとを病気から守り、衛生環境の改善に大きくかかわる重要な仕事を担っています。避難生活を送る人びとのそばで活動することの多い小口ロジスティシャンですが、経験を通して得たものは大きいと言います。

「避難生活を送っている人びとは、日々の生活に苦労しています。しかし、それが避難民たちの現実のすべてではもちろんありません。そんな中にも普通の生活があります。私は活動を通じて、とても親切な避難民と数多く出会いました。これは、一生忘れられない大切な出来事です。苦境に立たされている人びとほどたくましく、とても人に親切だということを、MSFの活動を通して知りました。」

21-Kabizo-Hayato&Team

アフリカ・コンゴ民主共和国で、現地スタッフとミーティング中の小口ロジスティシャン。2009年撮影

Image from 国境なき医師団(MSF)

 

―インフォメーション

国境なき医師団(MSF)の活動について知ってください>
メディアで報じられることのないニュース、現場の今を毎日お伝えしています。 MSFのホームページはこちらからご閲覧ください。

<ニュースレター、メールマガジンのお申し込み>
紙面版ニュースレター『REACT』(1年間無料)と、メールマガジンをぜひご購読ください。お申し込みはこちらから

1年前までの『REACT』バックナンバーは、ウェブサイトからご覧いただくことも可能です。ご閲覧はこちらから

※当記事は、非営利で国際的な医療や人道援助を行う民間団体「国境なき医師団(MSF)」様よりご提供頂いております。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR