福島第一原発事故-放射性汚染水除去装置の試運転開始、18日からの本格稼働を目指す

[ 2011/06/14 ]


2011年6月14日早朝から、東京電力では福島第一原発放射性汚染水除去装置の試運転を開始した。本来試運転は10日開始の予定であったので4日の遅れとなった。試運転では低濃度汚染水を通し、浄化性能を確認することになる。その後15日から除染装置塩分除去装置の試運転を行い、問題がなければ、18日からの本格稼働を目指すことになる。
(参考:福島第一原発事故-放射性汚染水浄化装置の本格稼働は16日以降に遅延、水漏れの次はプログラムバグ

東京電力image from 東京電力

放射性汚染水除去装置の稼働に関しては、10日に水漏れ、11日にポンプを制御するプログラムバグが見つかったためである。14日に試運転開始にこぎつけたが、今後は設計通りセシウムの除去ができているのかどうかを検証し、順次プラント全体の試運転に移っていくとしている。

同原発にはすでに10万トン以上の放射性汚染水が滞留しており、放射性汚染水浄化装置が予定通りの性能を発揮し、1日1200トンの処理を正常に行えない場合は、6月末には放射性汚染水が外部に流出する危険性があるとされる。

既に、14日午前7時の段階で3号機作業トンネル立て杭の放射性汚染水の水位は東京電力の管理目標限界まで15cmに迫っていた。同社は、放射性汚染水の一時保管先として集中廃棄物処理施設を想定しているが、作業が遅れた場合、同施設でも保管しきれなくなる可能性が指摘されている。

今後何らかのトラブルにより、放射性汚染水浄化装置が額面性能を発揮できなかったり、100%の稼働ができない場合に備える必要もあるであろう。トラブルは常に想定し、放射性汚染水の移送先の確保も同時並行で行う必要があると思われる。


関連する記事

アーカイブス

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR