福島第一原発事故-放射性汚染水処理が進めば新たな問題が浮上、1億ベクレル/立方センチの「高濃度放射性廃棄物」の処理は「技術」も「法整備」もない

[ 2011/06/16 ]


2011年6月16日、東京電力は、福島第一原発に滞留している放射性汚染水浄化装置の本格稼働に向けた最終準備段階に入った。17日より高濃度放射性汚染水の浄化処理を開始する。すでに、放射性汚染水の移送先も収容能力の限界に近づいており、装置の本格稼働が急がれる状態である。しかし、装置が本格稼働した後には、生成される1億ベクレル/立方センチの「高濃度放射性廃棄物処理の問題が浮上してくる。
(参考:福島第一原発事故-放射性汚染水除去装置の試運転開始、18日からの本格稼働を目指す

日本の黙示録image from Abode of Chaos

東京電力では15日までに、低濃度放射性汚染水を使った浄化試運転を終了。放射性セシウムについては3000分の1まで除去できることを確認した。本格稼働後は放射性物質の濃度を1万分の1にまで除去できる見通しである。

この放射性汚染水浄化装置の本格稼働により、原子炉の冷却を外部冷却から内部の水のみで冷却する「循環注水冷却」に移行可能となる。浄化装置は本格稼働時のカタログ性能では1日に1200トンの処理が可能とされる。この通りの性能を発揮すれば3月末までに25万トンの放射性汚染水の処理が完了する。これにより、外部注水により、冷却すればするほど、放射性汚染水が増えるという事態は回避できる見込みだ。

しかし、浄化装置が本格稼働すると、新たな問題が浮上する。それは、放射性汚染水浄化の結果生成される「高濃度放射性廃棄物」の処理問題である。大量の放射性汚染水を処理した結果、生まれる「高濃度放射性廃棄物」も大量なものになる。この「高濃度放射性廃棄物」は現在の技術ではどのように処理すべきか明確な方法が確立していない。そして「法整備」もされていない状況である。

この「高濃度放射性廃棄物」は年末までに2000立方メートル発生し、その汚染濃度は、1立方センチで1億ベクレルという高濃度のものとなる。現在、この「高濃度放射性廃棄物」についての処理をどうするかについては、工程表にも記載がなく、今後の事故収束に向け大きな懸念材料となることは確実である。


関連する記事

アーカイブス

いちごホールディングス 地下水探査新システムの開発に成功、販売へ

いちごホールディングス 地下水探査の新システムの開発に成功、探査範囲拡大へ (参照:JAXA、はやぶさ2「リュ [&he・・・

記事全文

横浜ウォーター JICAから水道事業支援プロジェクトを受注 南アの水道事業を支援

横浜ウォーター 南アフリカ共和国の水道事業支援プロジェクトをJICAから受注 (参照:安全な水をマダカスカルの [&he・・・

記事全文

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPR「ふくしま木戸川の水」発売

双葉地方水道企業団 福島の安全な水をPRする「ふくしま木戸川の水」約2万本を発売 (参照:水道水を充填したペッ [&he・・・

記事全文

株式会社MTG 「SIXPAD」シリーズに水を使った新たなトレーニングアイテムを発売

株式会社MTG  「SIXPAD」シリーズに新たなトレーニングアイテム、水で身体を鍛える「SIXPAD Wat [&he・・・

記事全文

株式会社ファーストリテイリング ジーンズの加工時の水使用量を最大99%削減

「ユニクロ」の株式会社ファーストリテイリングがジーンズ加工時の水使用量を9割以上削減する技術を開発 (参照:ト [&he・・・

記事全文

高知 豪雨対策に地下に巨大貯留管を整備

高知市、豪雨対策として江ノ口地区北部の地下に大規模貯留管を整備  (参照:現代につながる江戸時代からの上水)

記事全文

デンマーク 雨水を循環させて環境に役立てながら洪水を防止する画期的な歩道塗装を採用

デンマークの首都コペンハーゲンで雨水を自然循環させながら洪水を防止する歩道塗装を採用 (参照:運河の大掃除!オ [&he・・・

記事全文

関西電力、富山県と締結。「黒部ルート」を2024年6月から一般開放へ

関西電力、富山県と「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」締結。2024年6月から黒部ルート一般開放へ [&he・・・

記事全文

JR東海 リニアトンネル工事に伴う大井川水系流量問題で妥協案

JR東海、リニア新幹線南アルプストンネル静岡工区の大井川水系流量問題で妥協案 (参照:現代につながる江戸時代か [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、小学生向け出張「水育」授業~こどもSDGsスクール~

アサヒ飲料が小学生にSDGsの観点から「水育」の出張授業を行う (参照:アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「ア [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR