福島第一原発事故-原因は高濃度過ぎる汚染水か 高濃度汚染水処理装置停止再稼働目指す

[ 2011/06/20 ]


2011年6月18日、福島第一原発高濃度汚染水処理装置が稼働5時間で停止した問題に対し、東京電力は検証実験を行い、セシウム吸着装置放射線量が計画より高くなった原因を調査すると発表した。その後20日、同社は注水した汚染水の濃度が想定よりも高かっためではないかとの見解を発表した。通水試験を実施し再稼働を目指す。

外部からの冷却注水により放射性汚染水毎日500トン増加しており、高濃度汚染水処理装置が稼働しない場合には、6月29日にも海など外部への流出の可能性が高くなる。タイムリミットは1週間である。
(参考:福島第一原発事故-高濃度汚染水処理装置が稼働5時間で停止、放射線量がセシウム吸着装置の交換基準に達する

高濃度汚染水処理装置

油分分離装置とセシウム吸着装置の概要(東京電力資料より作成)

image from 東京電力

東京電力では、米キュリオン社の吸着装置の油分と放射性テクネチウムで放射性セシウムの線量が基準値を超えたと発表した。この部分は放射性セシウムを分離する前工程のところである。18日の時点では、同社では同装置部分に油に溶解した放射性物質を想定以上に吸着してしまったことが原因ではないかと推測していた。19日と20日にセシウム吸着装置の通水試験を実施したところ、汚染水自体が想定よりも高濃度であった可能性が高いことがわかった。21日の再稼働を目指す。

現在、原発敷地内の放射性汚染水の収容先はほぼ満杯となっている。その量は11万トンと推定され、原子炉冷却のため毎日500トンの外部注水が行われ、それだけ放射性汚染水も増加しているということである。高濃度汚染水処理装置の稼働が再開できない状態が続くと、6月29日には、放射性汚染水は海などの外部への流出の可能性が高いと見られている。

放射性汚染水を増加させている外部注水を停止するには、「循環注水冷却」を実現する必要がある。東京電力では6月18日には、「循環注水冷却」を開始する予定であったが、先の見通しは現段階では不明である。今後、トラブルの対応に手間取っていると、原子炉の安定低的な冷却を実現するというステップワンを7月中旬に完了させるという工程表の計画は大きく見直しをせざる得ない状況になる可能性がある。


関連する記事

アーカイブス

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR