福島第一原発事故-原因は高濃度過ぎる汚染水か 高濃度汚染水処理装置停止再稼働目指す

[ 2011/06/20 ]


2011年6月18日、福島第一原発高濃度汚染水処理装置が稼働5時間で停止した問題に対し、東京電力は検証実験を行い、セシウム吸着装置放射線量が計画より高くなった原因を調査すると発表した。その後20日、同社は注水した汚染水の濃度が想定よりも高かっためではないかとの見解を発表した。通水試験を実施し再稼働を目指す。

外部からの冷却注水により放射性汚染水毎日500トン増加しており、高濃度汚染水処理装置が稼働しない場合には、6月29日にも海など外部への流出の可能性が高くなる。タイムリミットは1週間である。
(参考:福島第一原発事故-高濃度汚染水処理装置が稼働5時間で停止、放射線量がセシウム吸着装置の交換基準に達する

高濃度汚染水処理装置

油分分離装置とセシウム吸着装置の概要(東京電力資料より作成)

image from 東京電力

東京電力では、米キュリオン社の吸着装置の油分と放射性テクネチウムで放射性セシウムの線量が基準値を超えたと発表した。この部分は放射性セシウムを分離する前工程のところである。18日の時点では、同社では同装置部分に油に溶解した放射性物質を想定以上に吸着してしまったことが原因ではないかと推測していた。19日と20日にセシウム吸着装置の通水試験を実施したところ、汚染水自体が想定よりも高濃度であった可能性が高いことがわかった。21日の再稼働を目指す。

現在、原発敷地内の放射性汚染水の収容先はほぼ満杯となっている。その量は11万トンと推定され、原子炉冷却のため毎日500トンの外部注水が行われ、それだけ放射性汚染水も増加しているということである。高濃度汚染水処理装置の稼働が再開できない状態が続くと、6月29日には、放射性汚染水は海などの外部への流出の可能性が高いと見られている。

放射性汚染水を増加させている外部注水を停止するには、「循環注水冷却」を実現する必要がある。東京電力では6月18日には、「循環注水冷却」を開始する予定であったが、先の見通しは現段階では不明である。今後、トラブルの対応に手間取っていると、原子炉の安定低的な冷却を実現するというステップワンを7月中旬に完了させるという工程表の計画は大きく見直しをせざる得ない状況になる可能性がある。


関連する記事

アーカイブス

ホクレン 災害時の牛の飲み水確保に北海道コカ・コーラボトリング(株)と連携協定を締結

ホクレン 災害時の酪農支援のため北海道コカ・コーラボトリング(株)と連携協定を結ぶ (参照:国土交通省 ダムの [&he・・・

記事全文

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 抗肥満効果など

日田天領水 長期飲用のマウス実験の結果を国際誌に掲載 大分大学医学部と共同研究 (参照: アサヒ飲料(株) 「 [&he・・・

記事全文

農研機構 農業用水路の流水熱をヒートポンプの熱源として活用可能に

農研機構 農業用水路に高い熱利用が期待できることを発表 ヒートポンプの熱源に (参照:山形・福島・新潟 水田で [&he・・・

記事全文

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR