福島第一原発事故-9月下旬には高濃度放射性汚染水の流出を回避、今後のシステム稼働率90%が条件

[ 2011/06/30 ]


2011年6月29日、東京電力福島第一原発高濃度放射性汚染水に関し、9月下旬には、高濃度放射性汚染水の流出を回避できるとの見解を発表した。2号機、3号機のタービン建屋に溜まった高濃度放射性汚染水は、現在より1メートル水位を下げる見通しだ。ただし、今後のシステム稼働率90%が条件となる。
(参考:福島第一原発事故-循環注水冷却に向け不安定な稼働状況、今回は配管の微細な穴から漏水

東京電力

Image from 東京電力

東京電力の発表によると、現在滞留している放射性汚染水は12万2100トンとなり、5月末時点から比べると1万6千トンの増加となった。6月中旬の時点で推定されていた11万トンより1万トン多い。今後は7月5日まで80%の稼働率で浄化処理を行い、7月5日以降は90%の稼働率達成を目標としている。

この稼働率90%を前提として、9月下旬には3万4000トンの高濃度放射性汚染水が処理可能となる。これにより、タービン建屋の水位を1メートル下げるという見通しが達成されることになる。このためには、トラブルが相次いでいる「循環注水冷却」、「汚染水処理システム」の順調な稼働が大前提となる。

現在までにいくつものトラブルが発生し、稼働停止が相次いでいた中、もうトラブルは出尽くしたと判断したのであろうか。これだけ大規模なシステムで多くのトラブルで稼働中断が続く中、今後の稼働率90%はかなりハードルが高いと思える。7月5日から9月下旬までを80日とすると、メンテナンスを含め延べ8日間の停止しか許されないことになる。


関連する記事

アーカイブス

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート開発

ユニチカ コンクリートを高品質化させる湿潤養生シート『アクアパック』開発 (参照:島津製作所 水中でも使用可能 [&he・・・

記事全文

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 初販売へ

皇太子さまの水問題に関する研究の書籍 4月に初販売へ (参照:龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境D [&he・・・

記事全文

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新会社の社名発表

ウェルシィと三菱ケミカルアクア・ソリューションズ合併、新社名は「三菱ケミカルアクア・ソリューションズ」 (参照 [&he・・・

記事全文

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に

岩手県 平成30年度水と緑を守り育てる知事感謝状 2団体に授与 (参照:熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミッ [&he・・・

記事全文

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器を発売

マクセル 蛇口直結型オゾン水生成器「オゾネオアクア ウォーターミックス」を発売 (参照:Watergen US [&he・・・

記事全文

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化するプラットフォームサービス国内提供開始

株式会社アプリックス 水処理システムをIoT化する「HARPS」を国内提供開始 (参照:島津製作所 水中でも使 [&he・・・

記事全文

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」デザイン力のミネラルウォーターを販売開始

株式会社AQUA JACKET 「捨てさせない」というECOから考えたミネラルウォーターの販売開始 (参照:全 [&he・・・

記事全文

龍谷大学講師 生息する魚を推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む

龍谷大学山中裕樹講師 生息する魚を水から推定する新技術「環境DNA」の開発、普及に取り組む (参照:日大工学部 [&he・・・

記事全文

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーターAリスト企業」に選定

サントリー食品インターナショナル(株) 「CDPウォーター Aリスト企業」に3年連続で選定される (参照:コカ [&he・・・

記事全文

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地に決定

熊本市 第4回「アジア・太平洋水サミット」の開催地決定を発表 (参照:IWA世界会議が東京で開催される。)

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR