スペースシャトル「アトランティス」で「尿」から「飲料水」を作る装備品の実験

[ 2011/07/12 ]


2011年7月8日に打ち上げられた、米航空宇宙局(NASA)スペースシャトル「アトランティス」には「尿」から「飲料水」を作る装備品が持ち込まれた。今回の飛行計画では、この装備品の実験も行われる。
(参考:月に水はあるのか? 無いのか? やはりあるのか? NASAが月には相当量の水が存在すると結論

Space Shuttle Challenger taken with a 70mm cameraImage from Marion Doss

今回、スペースシャトルに搭載された装置は「Forward Osmosis Bag (FOB)」というもので、液体の正浸透を利用をして汚染物質のろ過を行うものである。すでに、アメリカ軍では同様の技術を使用した装備品を導入し、汚水から飲料水を作っている。

使用方法は2重構造になった袋の内側に糖分を含む溶液を入れ、外側に汚水を入れる。これで、内側にろ過された水が正浸透する。出来上がる飲料水はスポーツドリンクに似たようなものとなる。この装備品は、地上における実験では1リットルの飲料水を作るのに4~6時間ほど。宇宙空間における実験は今回が初となる。

この装備品のメリットは電源を一切必要としないことである。今後の宇宙開発において、電源を使わず尿をリサイクルできるというメリットは大きなものとなる。尚、今回の実験で使用するものは「尿」ではなく、実験用の液体であるとのことである。


関連する記事

アーカイブス

株式会社オーミヤ 木製や大理石製に見える排水管「空間のP」「空間のS」発売

株式会社オーミヤ 空間になじむ排水管「空間のP」「空間のS」発売 (参照:株式会社AQUA JACKET 「捨 [&he・・・

記事全文

米Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理する商品を開発

アメリカ Flo Technologies社 家庭の水漏れをAIで管理、異常を警告する商品を発表 (参照:マク [&he・・・

記事全文

山口大と大起理化工業共同開発 地下水の流速と流向を紙で測定

山口大と大起理化工業 「紙」を使った地下水の流速と流向の新測定法を共同開発 (参照:魚津埋没林博物館 地下水に [&he・・・

記事全文

JTB、ソラシドエアほか 宮崎活性のためのインフラツーリズムを本格推進

JTB、ソラシドエアほか 宮崎県活性に向けインフラツーリズムを本格推進する方針 (参照:長野県 茅野市の農業水 [&he・・・

記事全文

日本ミネラルウォーター協会 統計資料、ミネラルウォーター生産山梨トップを更新

2019年3月22日 日本ミネラルウォーター協会が統計資料を更新、山梨がミネラルウォーター生産トップ更新 (参 [&he・・・

記事全文

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムにて新規目標を設定

P&G 「子どもたちのための安全な飲み水」プログラムの目標達成、新規目標を再設定 (参照:双葉地方水 [&he・・・

記事全文

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR