協和機電工業、東京工業大学、長崎大学が、共同開発中の浸透膜を使用した浸透圧発電システムの説明会開催

[ 2011/08/12 ]


2011年8月9日、水処理プラントメーカーの協和機電工業東京工業大学長崎大学は、共同開発中の浸透膜を使用した浸透圧発電システムについての説明会を実施した。三者は既に福岡市内で実証実験を進めている。原子力発電への不安が高まる中、様々な発電システムの提案、開発が進められているが、この浸透圧発電システムも候補の一つに名乗りを上げそうである。
(参考:メタウォーター 「超高効率固液分離技術を用いたエネルギーマネジメントシステムに関する実証事業」が国土交通省「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に採択

協和機電工業image from 協和機電工業

浸透圧発電とは、浸透圧の仕組みを利用した発電法であり、淡水と海水の塩分濃度の差から生じる浸透圧を使いタービンを回すものである。福岡市内の海水淡水化センターから排出される濃縮海水と下水を利用することで今回の実証実験は進められている。このような濃縮海水と下水を使ったシステムは世界初の試みとなっている。海水淡水化処理の結果、排出される濃縮海水は塩分濃度が通常の海水の2倍であり、その分浸透圧のエネルギーが大きくタービンを回す力も強くなる。

現在の実証実験の計画では7.7キロワットの目標が設定されているが、現在のところ3.7~5.6キロワットの出力に止まっている。今後は膜の透過性性能、発電機の効率を上げることが課題となるとしている。発電コストは1キロワット当たり18.2円で自然エネルギー発電の中で風力発電と同レベルで、太陽光発電に比べると半分以下となる。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR