【コラム】ソマリア、情勢不安や干ばつなどで栄養失調が危機的状況に~国境なき医師団(MSF)~

[ 2011/08/22 ]


※当記事は、非営利で国際的な医療や人道援助を行う民間団体「国境なき医師団(MSF)」様よりご提供頂いております。
(参考:【コラム】続・避難民キャンプに清潔な水を~日本人ロジスティシャンの活動から~国境なき医師団(MSF)

20年以上もの間、内戦により事実上の無政府状態が続き、国民の約7割が、清潔な水さえ得られないまま生活している国、ソマリア。平均余命も短く、この国の人びとは、26歳を過ぎると人生の折り返し地点に立つことになります。

国連の推計によると、ソマリアでは5人に1人の子どもが5歳の誕生日を迎えることなく命を落とし、暫定政府軍と反政府勢力の間で繰り返される激しい戦闘では、毎年多くの人びとが犠牲となっています。さらに、昨年末ごろから事態が深刻化している干ばつと食糧価格高騰のあおりを受け、現在、ソマリアでは多くの子どもたちが栄養失調という病気に苦しんでいます。

栄養失調は悪化すると、ひどい下痢を起こすことがあります。体の小さな乳幼児の場合、至急水分補給を行い、脱水症状を緩和させないと命にかかわる一大事ですが、医療はもとより、清潔な飲料水が不足しているソマリアでは、家庭で簡単な処置を行うことさえ困難です。ましてや、治安が不安定なソマリアで活動できる援助団体の数は非常に少なく、最低限の援助すら受けられずに、命を落とす子どもたちが後を絶ちません。

現在、ソマリア各地では、多くの親が子どもたちを連れ、干ばつの打撃を受けた故郷を後にしています。隣国のケニアやエチオピアへ庇護(ひご)を求めて、徒歩で数百キロもの距離を移動する人びともいます。

国境なき医師団(MSF)は1991年からソマリアで活動しており、現在は1400人以上の現地スタッフが、8つの地域で医療のほか、物資と清潔な水を無償で人びとに提供しています。ケニアとの国境に近い、南部の町マレレで活動している、MSFのアシスタント・プログラム・コーディネーターのモハメド・ソマネ・アブディは、この地域へ逃げてきた人びとの状況をこう語ります。

「避難してきた人びとと話したときに、あまりに栄養失調がひどく衰弱して歩けなくなった子どもを、道端に置き去りにせざるを得なかったという話を何度も耳にしました。いま彼らの助けになれるのはMSFだけです。この地域で人びとを助けている団体や機関はほかにないからです」

栄養失調は、特に生後半年から2歳までの子どもがかかりやすい病気です。成長の著しい乳幼児は吸収しやすいミルクなど動物性のタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラル等の、正常な発育のために不可欠な栄養素を摂取しなくてはなりません。仮に、空腹感を満たす量を食べることができたとしても、毎日同じ物ばかりを食べ続けた場合、必要な栄養素が窮乏し、栄養失調にかかってしまいます。

一方で、栄養失調は予防も治療も可能で、適切な治療を行えば非常に治癒率の高い病気です。ある日、マレレにあるMSFの病院に、ひどい栄養失調のために体がむくんで腫れあがり、皮膚の大半がひびわれてしまった、1歳の男の子がやってきました。160km離れたディンソールの町から一緒にやってきた母親は、望みを失いかけていましたが、4週間にわたる治療を経て、男児は健康を取り戻し、元気になりました。

アブディは、こう説明します。

「男児の母親は、他の親と同じように、舞い上がるほど喜んでいます。でも、このような経験をしているのは、この子1人ではありません。毎日、同じような症例の患者があまりにも多く、私も全員の名前は思い出せないほどです」

治安が不安定な場所でも、より多くの人びとへ分け隔てなく援助を届けるため、MSFは、ソマリアでの活動において、政府やその他の機関からの資金援助を一切受けていません。人びとの命を救う現地での活動は、すべて民間からの寄付で支えられています。

Africa

アフリカ・ソマリア南部のマレレにある国境なき医師団(MSF)の施設に避難してきた母子。2011年6月撮影。

(※写真をクリックすると、国境なき医師団(MSF)の速報ページ、「ソマリアおよびケニア、エチオピア:内戦、医療・人道援助の不足、食糧高騰による人道的危機」をご覧いただけます。)

-インフォメーション-

国境なき医師団(MSF)の活動について知ってください>

メディアで報じられることのないニュース、現場の今を毎日お伝えしています。 MSFのウェブサイトはこちらからご閲覧ください。

<ニュースレター、メールマガジンのお申し込み>

紙面版ニュースレター『REACT』(1年間無料)と、メールマガジンをぜひご購読ください。お申し込みはこちらから

1年前までの『REACT』バックナンバーは、ウェブサイトからご覧いただくことも可能です。ご閲覧はこちらから

※当記事は、非営利で国際的な医療や人道援助を行う民間団体「国境なき医師団(MSF)」様よりご提供頂いております。


関連する記事

アーカイブス

炭酸水・強炭酸の人気は定着化のきざし

炭酸水・強炭酸飲料は一過性のブームに留まらず、日常生活に溶け込みつつある。 (参照:サントリー食品インターナシ [&he・・・

記事全文

大阪の水族館「海遊館」 海水運搬船の座礁で海水供給ストップ

大阪の水族館「海遊館」、海水運搬船が座礁したため海水の供給がストップし人工海水で飼育 (参照:福島第一原発、台 [&he・・・

記事全文

水道水を充填したペットボトル水のモンドセレクション受賞が盛んに

日本の各水道事業体が発売しているペットボトル水が好評価を得ている。 (参照:日本の名水百選)[ 2018/10/11 ]

記事全文

水道法改正はあるのか

7月の国会を賑わせた水道法改正。今後、水道事業の民営化が進むのか注目が集まる。 (参照:株式会社日立製作所が2 [&he・・・

記事全文

水の有効利用と食糧危機を救う技術『アクアポニックス』

古くからの歴史を持つ技術が人類を水環境問題や食糧危機から救う可能性を秘めている。 (参照:野菜の育て方を変える [&he・・・

記事全文

石狩川を氾濫から守った男、岡崎文吉

岡崎文吉の尽力無くして現在の石狩川はないとまで言われている。 (参照:米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくと [&he・・・

記事全文

運河の大掃除!オランダで3,300円の「ごみ釣り観光ツアー」が好評

オランダで運河のゴミを小型ボートに乗ってすくう「ごみ釣り観光ツアー」が人気 (参照:プラスチックごみもCO2排 [&he・・・

記事全文

関西電力 IoTと気象データを活用し水力発電の運用効率化の研究を開始すると発表

2018年9月18日、関西電力はIoTを活用した水力発電運用効率化技術の研究を開始すると発表した (参照 :荒 [&he・・・

記事全文

東北整備局 成瀬ダム本体の着工開始、国内最大の台形CSGに

2018年9月15日成瀬ダム本体が着工スタート、国内最大の台形CSGが2024年度竣工予定 (参照:荒瀬ダム国 [&he・・・

記事全文

株式会社日立製作所が2018年10月よりIoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを提供開始

株式会社日立製作所は、IoTを活用した上下水道事業を支援するクラウドサービス「O&M支援デジタルソリ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR