青森市の下水処理施設職員が下水廃液から精製される銀を私的に現金化

[ 2011/08/26 ]


2011年8月24日、青森市下水処理施設八重田浄化センター」に勤務する職員2人が、下水水質検査時に発生する廃液から精製される「」を私的に現金化していたことが分かった。この職員は、銀を回収業者に売却し、約14万3000円を受け取っていた。受けっとった現金は親睦会費に充てていたという。
(参考:東京都 下水から資源採取へ。下水汚泥からリン成分抽出実用化の検討へ

Silver crystals forming on a thin sheet of copperimage from Shandchem

下水水質検査時には、試薬として硝酸銀が混ぜられる。この廃水に食塩を加えるだけで、塩化銀を作ることができる。この塩化銀をバケツにためて、一定量が溜まると業者に売却していたとのことである。

青森市の調査に対し職員は、ゴミの有効活用のようなものである、という認識でいたとのことである。同市としては経理上の問題として、職員を処分する方針だという。また、売却益の返還については検討中とのことだ。職員によると、受け取った現金は、親睦会費として、お茶代や検査時の備品購入などに充てていたという。

下水からは「リン」などの有用な資源が採取できることが分かっており、自治体では実用化に向け研究を進めている。今回は、試薬の銀を回収するということを私的に行ったということである。きちんと報告をして、業務の上で行っていたならば何も問題は無かったのだろう。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR