福島第一原発事故-淡水化フィルタ交換時に作業員2名が作業計画を超える被ばく

[ 2011/08/30 ]


2011年8月29日に、東京電力は、福島第一原発において、作業員2名が作業計画を超える被ばくしたと発表した。この作業員は、高濃度放射線汚染水処理装置淡水化フィルタ交換時に被ばくしたとみられている。
(参考:福島第一原発事故-高濃度放射性汚染水処理システム、東芝製バックアップ装置「サリー」試運転開始

Japan Apocalypseimage from Abode of Chaos

東京電力によると、同装置の淡水化フィルタの交換作業を行っていた作業員2人が、それぞれ17.1ミリシーベルト23.4ミリシーベルトの被ばくをしたことのことである。この被ばく量は、計画予定値の15ミリシーベルトを上回るものである。

作業員は2人とも20代の男性であり、今のところ健康に異常はみられないとのことである。また、作業には30代男性1人も加わっており、その男性については現在被ばく量の確認を行っているという。2人は30日に医師の診断を受け、東京電力では作業手順に問題がなかったどうかの検証を行うとしている。


関連する記事

アーカイブス

国土交通省 「水の里の旅コンテスト2020」の受賞作品が発表

国土交通省主催 「水の里の旅コンテスト2020」受賞作品が決定 (参照:JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した・・・

記事全文

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」英学生の節水型洗濯が最優秀賞を受賞

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」受賞作品決定 英学生の節水型洗濯 (参照:(株)フォレストホームサービ・・・

記事全文

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR