下水と藻「オーランチオキトリウム」で石油を作るバイオマス燃料-仙台市、筑波大、東北大が実用化に向け共同研究開始

[ 2011/09/05 ]


2011年9月5日、下水と藻「オーランチオキトリウム」で石油を作るバイオマス燃料の実用化に向け、仙台市筑波大学大学院渡辺信教授東北大学関係者と会談を行い、今後の共同研究のあり方について検討を行う。
(参考:東京都 下水から資源採取へ。下水汚泥からリン成分抽出実用化の検討へ

筑波大学image from 筑波大学

オーランチオキトリウム」は光合成を行うことなく有機物を吸収し、石油と化学組成が同種の炭化水素を作り出す。その生産能力は従来の同種の藻の10倍以上と言われる。年間1万トンの石油を作り出すのに必要な面積は1ヘクタール。これは2万ヘクタールで日本の石油需要を完全にカバーできる計算になる。日本の耕作放棄地の面積は約39万ヘクタールあり、同地の転用も考えられている。筑波大学の渡辺信教授は、「オーランチオキトリウム」の発見者であり、国際藻学会会長も務めるなど、この分野の世界的な権威として知られている。

今回、仙台市では震災で被害を受けた「南蒲生浄化センター」の下水を使用し、「オーランチオキトリウム」を増殖する実証実験を本年度中に開始する。この実証実験を経て、実用化が実現した場合、究極の環境配慮システムが出来上がることになる。下水処理の費用を削減しつつ石油を生成することが可能となるということである。

「オーランチオキトリウム」が生成する石油は燃やすというだけではなく、化学原料としても使用が可能であり、実現した場合に産業界に及ぼす影響は限りなく大きいものになると予測されている。仙台市では、同研究の実用化に向け、大学だけではなく地元企業が参加できる仕組み作りについても検討を行う。


関連する記事

アーカイブス

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラHBCスイス 大気中の二酸化炭素を活用した発泡ミネラルウォーターを発売へ

コカ・コーラHBCスイス 大気から集めた二酸化炭素を注入した発泡ミネラルウォーターを製品化へ (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR