東芝 水を原料に従来の約2倍となる効率で水素を製造する「グリーン水素」の基本素子を開発

[ 2011/09/14 ]


2011年9月13日、東芝水を原料として従来の約2倍となる効率で水素を製造する「グリーン水素」の基本素子の開発に成功した。現在の水素製造は天然ガス、ナフサなどの熱化学反応によるものが主流となっており、東芝の開発した技術は二酸化炭素を出さない「グリーン水素」を作るシステムの基礎となるものである。
(参考:下水と藻「オーランチオキトリウム」で石油を作るバイオマス燃料-仙台市、筑波大、東北大が実用化に向け共同研究開始

東芝Image from 東芝

東芝の開発した手法は、水を原料として電気化学的な反応により水素を生成させる「電解」によるものだ。既存の水を原料とした「電解」による水素製造法に比べ約2倍の製造効率を達成する「高温水蒸気電解法」を採用している。水素は燃料電池、蓄電器の媒体として、これからの産業界でも重要な地位を占めることになる「原料」であり、同社は2020年頃の実用化を目指すとしている。

同社では、微小な気孔を持つ電極材料を作成するなどの工夫をすることで、従来の世界最高水準とされていた記録を7%上回る製造能力を持たせることに成功している。研究成果の詳細については9月14日に名古屋工業大学で開かれる化学工学会の秋季大会で発表する。


関連する記事

アーカイブス

株式会社クボタ、次世代の水道管を開発

パイプメーカーの株式会社クボタが新耐震管のGENEX管を開発した。 (参照:和歌山市、水道水の濁りで3万5千世 [&he・・・

記事全文

自然環境を破壊しない水力発電、「Cappa」

茨城製作所が開発した新しい水力発電「Cappa」 (参照:ライオン、排水リサイクルシステムを開発、自社の千葉工 [&he・・・

記事全文

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR