経済産業省が「サウジアラビア王国との水分野における覚書の締結について」を発表-上下水分野に関する両国間の協力強化へ

[ 2011/09/21 ]


2011年9月18日、経済産業省は、「サウジアラビア王国との水分野における覚書の締結について」と題し日本とサウジアラビア上下水道に関する協力の推進に向け、覚書を締結することを発表した。
(参考:経済産業省「水ビジネス国際展開研究会報告書」として水ビジネスの国際展開に向けた課題と具体的方策について公表

経済産業省

image from 経済産業省

サウジアラビアでは国土のほとんどが砂漠地帯であり水不足の解消が大きな課題となっている。日本国政府は、同国と閣僚級の折衝を進め、上下水道の整備など水ビジネス分野において広範な協力体制を作ることに合意した。18日に現地を訪問中の経済産業省の松下副大臣がサウジアラビア電力・水資源省の次官の間で覚書に署名を行った。

今回の覚書の協力領域は、以下の通りである。

1)  水資源及び水の生産(海水淡水化を含む)
2)  配水、管網管理及び漏水の低減
3)  下水処理(汚水処理、下水システム、水の再利用及び汚泥の処理・再利用等)。なお、集中処理及び分散型処理を含む。
4)  設計、建設及び運営・管理
5)  顧客サービス(料金システム及びメータリングを含む)
6)  上下水技術に関連する設備及び機器
7)  双方によって決定する上下水分野におけるその他の協力領域

(引用:上下水管理における協力に関する日本国経済産業省及び日本国国土交通省とサウジアラビア王国水電力省との間の覚書

今回の覚書によって、横浜市と大手建設会社は実地調査を開始。今後の大規模な水道整備事業の受注を目指すことになる。中東諸国の有力国であるサウジアラビアとの関係は石油資源の確保を含め非常に重要なものである。今回の覚書の締結により両国間の関係をより強いものとし、中東諸国に対する水ビジネスに関しても新たな展開に進めるのではないかと期待されている。


関連する記事

アーカイブス

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラHBCスイス 大気中の二酸化炭素を活用した発泡ミネラルウォーターを発売へ

コカ・コーラHBCスイス 大気から集めた二酸化炭素を注入した発泡ミネラルウォーターを製品化へ (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR