新興地下水ビジネスが水道事業に影響

[ 2010/05/25 ]


全国の水道事業者の財政難、水道利用の減少の原因の一つは地下水利用への切り替えにあったようです。
これまで生活用水や工業用水などは水道水、地下水は農業や工業など飲用以外に用いられてきましたが、水ろ過技術の進歩によって、地下水を飲用に利用することが可能になり、水道代の経費削減や災害時の水源確保という目的で地下水利用を取り入れる自治体や病院、商業施設が増えています。


水道水

求められるのは「安全でおいしい水」


日本水道協会が2008年に行った調査では417の給水事業者のうち161の事業者で地下水に転換した大口使用者がおり、なかでも病院や販売業、ホテルなどの転換が目立ちました。

地下水膜ろ過システムを販売し地下水ビジネスを展開するウェルシィでは昨年1年で90施設に地下水ろ過システムを納入、首都圏ではすでに800件近くを売上げ、東京、大阪、名古屋などで販売を強化するそうです。それだけ需要があるということでしょうか。

現在は水道使用量が多くなるほど料金単価も高くなるという逓増料金制をとっており、病院や大型施設など大口使用者ほど負担が大きくなります。地下水を利用することで2割以上のコスト削減が可能になります。利用者にとっては大きな数字です。
上水道離れの対策として、前橋市では2006年に大口使用者に対し一定量を超えると単価が下がる料金体系を導入、2007年には宇都宮市も同様の料金体系を取り入れています。こういった自治体は今後もふえるのではないでしょうか?

大口使用者からの水道使用量の低下で水道事業が悪化すると、家庭での水道料金に影響する可能性があります。また地下水の過剰摂取は地盤沈下や塩水化などの被害をもたらすこともあります。



関連する記事

アーカイブス

太陽光発電で空気から飲料水を作り出す水筒。自己充電ボトル、Fontus(フォンタス)

太陽光発電で空気中の湿気から水を作り出す水筒、Fontus(フォンタス)。 約1時間で500mlの水生成も可能 [&he・・・

記事全文

東京五輪、お台場会場で基準値を超える大腸菌検出、対策を求められる。

東京五輪、お台場のトライアスロン会場の水質に懸念。基準値を超える大腸菌検出。 (参:「汚染水アイスキャンディー [&he・・・

記事全文

コーヒー豆のカフェインを二酸化炭素と水だけで除去。国内初のデカフェコーヒー発売へ

アンカフェシュクレ、日本国内加工で初めて生豆からカフェインを抜いたデカフェコーヒーを発売へ。 (参照:郡上発! [&he・・・

記事全文

サントリー、「サントリー天然水」ブランドから無色透明のミルクティーを新発売。

2017年9月26日、サントリーが無色透明のミルクティー、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING [&he・・・

記事全文

ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催。「日本パビリオン」出展申し込み受付中

2018年3月、第8回世界水フォーラムがブラジルの首都ブラジリアで開催。日本政府主催、「日本パビリオン」出展申 [&he・・・

記事全文

郡上発!水出しコーヒープロジェクト始まる。

水出しコーヒーで町の活性化!郡上八幡湧き水スポット巡り (参照:原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、 [&he・・・

記事全文

電気、ガス、火不要。雨水、海水で加熱できる調理器具。

バロクックジャパン株式会社、水だけで加熱ができる調理器具「バロクックシリーズ」の販売に注力する。 (参照:袋に [&he・・・

記事全文

米南部、記録的大雨で洪水。死者は少なくとも31人。

アメリカ南部に上陸したハリケーン。記録的な大雨で少なくとも死者は31人。 (参照:台風で被災の北海道 治水対策 [&he・・・

記事全文

水を入れるだけで、粉雪のようなかき氷が完成!ートウマ電子工業。

トウマ電子工業、水を入れるだけでふわふわのかき氷ができる瞬間製氷機を製造。 (参照:炭酸水メーカーのソーダスト [&he・・・

記事全文

(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培、アジア展開へ。

沖縄美ら島財団の子会社の(株)グリーンウインド、底面供給方式による水耕栽培で、アジア展開を目指す。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR