新興地下水ビジネスが水道事業に影響

[ 2010/05/25 ]


全国の水道事業者の財政難、水道利用の減少の原因の一つは地下水利用への切り替えにあったようです。
これまで生活用水や工業用水などは水道水、地下水は農業や工業など飲用以外に用いられてきましたが、水ろ過技術の進歩によって、地下水を飲用に利用することが可能になり、水道代の経費削減や災害時の水源確保という目的で地下水利用を取り入れる自治体や病院、商業施設が増えています。


水道水

求められるのは「安全でおいしい水」


日本水道協会が2008年に行った調査では417の給水事業者のうち161の事業者で地下水に転換した大口使用者がおり、なかでも病院や販売業、ホテルなどの転換が目立ちました。

地下水膜ろ過システムを販売し地下水ビジネスを展開するウェルシィでは昨年1年で90施設に地下水ろ過システムを納入、首都圏ではすでに800件近くを売上げ、東京、大阪、名古屋などで販売を強化するそうです。それだけ需要があるということでしょうか。

現在は水道使用量が多くなるほど料金単価も高くなるという逓増料金制をとっており、病院や大型施設など大口使用者ほど負担が大きくなります。地下水を利用することで2割以上のコスト削減が可能になります。利用者にとっては大きな数字です。
上水道離れの対策として、前橋市では2006年に大口使用者に対し一定量を超えると単価が下がる料金体系を導入、2007年には宇都宮市も同様の料金体系を取り入れています。こういった自治体は今後もふえるのではないでしょうか?

大口使用者からの水道使用量の低下で水道事業が悪化すると、家庭での水道料金に影響する可能性があります。また地下水の過剰摂取は地盤沈下や塩水化などの被害をもたらすこともあります。



関連する記事

アーカイブス

COOL JAPAN AWARD2019 那須の「水庭」が受賞決定

COOL JAPAN AWARD2019 受賞53作決定。「水庭」の受賞も (参照:(株)バスクリン 森林を整 [&he・・・

記事全文

アリゾナ州立大学 小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見

アリゾナ州立大学 「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの粒子から水の痕跡を発見 (参照:NASA探査機OSI [&he・・・

記事全文

メタウォーター(株)の共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択

メタウォーター(株)を含む共同研究体 下水処理設備を統合制御、国交省事業に採択される (参照:大阪市水道局と日 [&he・・・

記事全文

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を緩和方向へ見直し

兵庫県 瀬戸内海への排水基準を見直しへ 基準緩和への動き (参照:浪速工作所と日本スレッド 工業用水を浄化する [&he・・・

記事全文

高知県宿毛市 日本初スポーツクライミング設備のあるダムを整備へ

高知県宿毛市 横瀬川ダムの壁面をスポーツクライミングとして活用へ (参照:日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用 [&he・・・

記事全文

東芝 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業を受注

東芝インフラシステムズ(株) 岩手県における工業用水道の浄水場建設事業の受注を発表 (参照:三井住友建設(株) [&he・・・

記事全文

CFD販売(株) 水中ドローンを使用したダム点検の実証試験

CFD販売(株) 水中ドローンを使用し、大分県でダム点検実証試験を実施 (参照:(株)ディーゼル・ワークショッ [&he・・・

記事全文

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用300ml缶製造

名古屋市 おいしい水道水PRへ向けてPR用「名水」300ml缶製造 (参照:双葉地方水道企業団 福島の安全な水 [&he・・・

記事全文

三井住友建設(株) カンボジアでの上水道拡張整備工事を落成

三井住友建設(株) カンボジアで上水道拡張整備工事の落成式を挙行 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダム [&he・・・

記事全文

大阪市水道局と日立製作所 中長期の水需要予測に関する共同研究開始

大阪市水道局と日立製作所 ビッグデータやAIを駆使した水需要予測に関する共同研究開始 (参照:米Flo Tec [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR