地球は2025年に深刻な水危機到来か 人口の半分が水を確保できない!?

[ 2011/11/04 ]


2011年11月22日、講談社+α新書より柴田明夫氏「日本は世界一の「水資源・水技術」大国」が発売される。
(参考:世界水会議で発表、地球の淡水資源は2倍の食糧増産が可能な量がある-問題は効率的な淡水資源の利用法

講談社

image from 講談社

地球は2025年には深刻な水危機を迎えるという予測が存在する。実際に2011年現在でも充分な飲料水を確保できない人口は世界で10億人に達している状況だ。2025年の時点では地球上の人口の半分が十分な水を確保できないとする見方もある。同書は、このような2025年に迎えると言われる深刻な水危機の問題に対し、有効に活用されていない水資源と日本の技術が水危機を救うと主張しているものである。

著者の柴田明夫氏は丸紅経済研究所代表を務め、2011年10月より株式会社資源・食糧問題研究所代表となっている。食料資源問題、水資源問題などの多くの著書を出しており、代表的な著書としては「食糧争奪」日本経済新聞出版社刊、「水戦争」角川SSC新書刊などがある。


関連する記事

アーカイブス

パナソニック、船舶用バラスト水処理設備販売開始。海洋事業に参入。

2017年5月22日、パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備の販売開始を発表した。 ( [&he・・・

記事全文

ライオン株式会社、「雨水有効活用のアイデアコンテスト2017」を全国の小学生・中学生を対象に開始。

(見出し)2017年5月18日、水資源保護活動を力を入れているライオン株式会社は、水環境の意識を啓発する活動と [&he・・・

記事全文

王子ホールディングス、水処理事業に参入すると発表。東南アジアでも運用。

2017年5月18日、製紙最大手の王子ホールディングス株式会社は、水処理事業に参入すると発表した。 (参照:経 [&he・・・

記事全文

原料は、豆、水、カフェインのみ。話題の世界初、透明なコーヒーが話題。

スロバキアの企業「CLR CFF」が新商品の透明なコーヒーを開発・商品化した。 (参照:グットジョブ 水に入れ [&he・・・

記事全文

炭酸水メーカーのソーダストリーム、自然保護・環境改善への提唱で売上好調。

2017年5月10日、世界最大の炭酸水メーカー、ソーダストリームのCEOダニエル・バーンバウムさんが来日。経済 [&he・・・

記事全文

GMコーポレーション、口コミ人気から話題の電子水を使ったスキンケア商品を一般商品化に

2017年4月27日、美容機器、化粧品の製造販売、卸売を行うGMコーポレーションは化粧品の新ライン「エレクトロ [&he・・・

記事全文

建設技術研究所 水災害リスクアラートサービスを開始

2017年3月16日、株式会社建設技術研究所は水災害リスクアラートサービスを開始したと発表した。 (参照:中部 [&he・・・

記事全文

台風で被災の北海道 治水対策に総額約831億円

2017年3月16日、国土交通省北海道開発局は、昨年8月下旬から9月にかけて被災した河川の復旧や治水対策にかか [&he・・・

記事全文

築地市場 漏水で海水供給がストップ

2017年3月17日、築地市場で店舗や保管所などの床の清掃や水槽に使う海水が供給されなくなる事態に陥った。 ( [&he・・・

記事全文

黒部市 小水力発電所「黒瀬川発電所」が完成

2017年2月27日、富山県黒部市が整備していた小水力発電所、黒瀬川発電所が完成し開所式が行われた。 (参照: [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR