「水が世界を支配する」-世界史の謎は、“水”をキーワードにすれば解ける。

[ 2011/11/16 ]


人間は水が無ければ生きていくことが出来ない。飲料水、生活用水だけではなく、大河や海路。そして水力をエネルギーとして有効利用している。今回紹介する「水が世界を支配する」は、その「水」をキーワードとして世界史を読み解いていく一冊となっている。
(参考:地球は2025年に深刻な水危機到来か 人口の半分が水を確保できない!?

水が世界を支配する
水資源が近い将来危機的な状況を迎えるであろうという予測は数多くの国際機関によって発表されている。現在地球上には60億の人たちが暮らしているが、その人たちすべてに衛生的で十分な水がいきわたっているかと問われれば、「ノー」と答えるしかないであろう。本書はそのような現代社会の状況を踏まえ、人口の増加、経済成長によって増える水需要がいずれ自然界から供給される水資源を上回るという視点に立っている。この人類の水危機に対して警鐘を鳴らす1冊だ。

水危機に関しては、平等な配分を行える政治的な仕組み作り水関連技術の発達など人類の持つ知恵に期待できる面もある。著者はこのような対策の必要性、有効性を認め、歴史の中から価値転換による水危機解決の方策を探っていく。しかし、水資源利用の無駄、温暖化現象に伴う気象変動に起因する水資源の偏在の問題、恒常的な水資源の不足は深刻であり、決して楽観できる将来ではないとしている。

著書は、ソロモン・スティーブン。フォーブス誌のスタッフ・レポーター歴任した経歴の持ち主である。現在はニューヨークタイムズなど数多くのマスメディアに寄稿しているジャーナリストである。


関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR