IHI、東芝、東京大学、三井物産戦略研究所が「海流発電システム」の開発に着手

[ 2011/12/06 ]


2011年11月28日、株式会社IHI、株式会社東芝、東京大学株式会社三井物産戦略研究所は、NEDOが公募した「風力等自然エネルギー技術研究開発/海洋エネルギー技術研究開発」に「次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」が採択されたことを発表した。
(参考:東芝 水を原料に従来の約2倍となる効率で水素を製造する「グリーン水素」の基本素子を開発

水中浮体方式の海流発電システムimage from 東芝

次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」は、日本近海を流れる潮の流れである黒潮を利用した「海流発電システム」の実用化を目指す研究事業である。自然のエネルギーを利用するクリーンで再生可能なエネルギーと言えるものである。同発電システムで得られるエネルギーにより、自国の自然から安定的にクリーンなエネルギーを得るシステム構築に向けた研究をすることが、同事業の目的となっている。

海流エネルギーを有効に利用するために、水中浮遊体方式の海流発電システムの技術要素の開発、その事業評価を行っていく。この研究をベースに将来は、海流発電の実用化を目指していくとしている。

この発電システムには以下のような特徴があるとしている。
1.潮流は昼夜、季節の変動が少なく安定していること。長期的、連続的に使用し年間を通じて大きな発電量が得られる
2.発電装置は一定の深さの海中に係留するので、船の航行を阻害しない。また簡便な係留方法をとれるのでコストでも優位である
3.反転式の2重タービンを使用することでトルクを打消し、海中での姿勢を安定できる
4.保守整備時にはタービンの向き、浮力を調節できるのでメンテナンスが楽である


関連する記事

アーカイブス

学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」 海水温が観測史上最高を記録

海水温が観測史上最高を記録 学術誌「Advances in Atmospheric Sciences」に記事掲 [&he・・・

記事全文

三菱マテリアル 66年ぶりに秋田県で水力発電所を建設

三菱マテリアル 秋田県で水力発電所を66年ぶりに建設することを発表 (参照:カンボジア 国内最大級の水力発電ダ [&he・・・

記事全文

Watergen USA 車内で飲料水を作り出すシステムを開発

Watergen USA 車外の空気を取り込み車内で飲料水を作り出すシステムを開発 (参照: デンマーク 雨水 [&he・・・

記事全文

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める

長野県 茅野市の農業水利施設を利用した観光プログラムの開発進める 「水の語り部」の養成も (参照:魚津埋没林博 [&he・・・

記事全文

オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開

オリコン 2018年1月のウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果を公開 (参照:全国清涼飲料連合会 2 [&he・・・

記事全文

厚生労働省 平成31年度予算「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助方針

厚生労働省 平成31年度予算で「災害拠点病院等の電源・水確保」費用補助の方針固める (参照:日本水道協会と水資 [&he・・・

記事全文

日大工学部 水田が持つ貯水機能を活用した「田んぼダム」で防災研究

日本大学工学部の研究チーム 水田の貯水機能を活かした「田んぼダム」で防災へ取り組み (参照:関西電力、富山県と [&he・・・

記事全文

島津製作所 水中でも使用可能な高速無線通信システムを開発

島津製作所 水中でも瞬時に画像を送受信できる高速無線通信システムを開発 (参照:ソニー、水中でも音楽が楽しめる [&he・・・

記事全文

カンボジア 国内最大級の水力発電ダムが操業開始

カンボジア 国内最大級の水力発電ダム「セサン下流2水力発電所ダム」操業開始 (参照:岐阜県 小水力発電施設「板 [&he・・・

記事全文

コカ・コーラHBCスイス 大気中の二酸化炭素を活用した発泡ミネラルウォーターを発売へ

コカ・コーラHBCスイス 大気から集めた二酸化炭素を注入した発泡ミネラルウォーターを製品化へ (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR