IHI、東芝、東京大学、三井物産戦略研究所が「海流発電システム」の開発に着手

[ 2011/12/06 ]


2011年11月28日、株式会社IHI、株式会社東芝、東京大学株式会社三井物産戦略研究所は、NEDOが公募した「風力等自然エネルギー技術研究開発/海洋エネルギー技術研究開発」に「次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」が採択されたことを発表した。
(参考:東芝 水を原料に従来の約2倍となる効率で水素を製造する「グリーン水素」の基本素子を開発

水中浮体方式の海流発電システムimage from 東芝

次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」は、日本近海を流れる潮の流れである黒潮を利用した「海流発電システム」の実用化を目指す研究事業である。自然のエネルギーを利用するクリーンで再生可能なエネルギーと言えるものである。同発電システムで得られるエネルギーにより、自国の自然から安定的にクリーンなエネルギーを得るシステム構築に向けた研究をすることが、同事業の目的となっている。

海流エネルギーを有効に利用するために、水中浮遊体方式の海流発電システムの技術要素の開発、その事業評価を行っていく。この研究をベースに将来は、海流発電の実用化を目指していくとしている。

この発電システムには以下のような特徴があるとしている。
1.潮流は昼夜、季節の変動が少なく安定していること。長期的、連続的に使用し年間を通じて大きな発電量が得られる
2.発電装置は一定の深さの海中に係留するので、船の航行を阻害しない。また簡便な係留方法をとれるのでコストでも優位である
3.反転式の2重タービンを使用することでトルクを打消し、海中での姿勢を安定できる
4.保守整備時にはタービンの向き、浮力を調節できるのでメンテナンスが楽である


関連する記事

アーカイブス

(株) P.G.C.D. ジャパン 「水」画像または動画の投稿で浄水剤を寄付

(株) P.G.C.D. ジャパン 3月22日『世界水の日』にちなみ水画像の投稿で浄水剤の寄付 (参照:ナイキ [&he・・・

記事全文

大成建設 複数の汚染物質を同時に分解する分解菌「N23株」を開発 世界初

大成建設 地下水の複数の汚染物質を同時に分解する「N23株」を開発  (参照:名古屋大学、九州大学 1滴の水滴 [&he・・・

記事全文

鳥羽水族館 ジュゴンの生息を水中DNA「PCRプライマーセット」で調査

鳥羽水族館 水中のDNAからジュゴンの生息を確認できる調査法を開発 (参照:河川環境楽園オアシスパーク 水中探 [&he・・・

記事全文

中国 メコン川流域淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン 

中国 中国国内初メコン川流域の淡水魚水族館「メコン川水底世界」オープン  (参照:河川環境楽園オアシスパーク  [&he・・・

記事全文

大阪市大正区 川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」オープン

大阪市大正区 河川敷に川と一体化した複合商業施設「タグボート大正」をオープン (参照:大阪水上バス アクアライ [&he・・・

記事全文

ヤンマー(株) 新しいマリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」のサービスを開始

ヤンマー(株) マリンアクティビティ「Wheeebo(ウィーボ)」ハワイでサービス開始 (参照:河川環境楽園オ [&he・・・

記事全文

国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発電容量の付け替え制度作りへ着手

国土交通省 洪水対策のダム容量減量時に発電容量の付け替えができる仕組み作りへ (参照: 国土交通省 内水氾濫の [&he・・・

記事全文

名古屋大学、九州大学 1滴の水滴で5ボルト以上の電気を生む素子開発

名古屋大学と九州大学の教授グループ 1滴の水滴で5ボルト以上発電する素子開発 (参照:神戸学院大学とブルボン  [&he・・・

記事全文

山形県南陽市 ふるさと納税で消滅危機の「白竜湖」復活を目指す

山形県南陽市 消滅危機の「白竜湖」復活の資金をふるさと納税で募集 (参照:長野県 諏訪湖の水質調査にIoTを活 [&he・・・

記事全文

2019年度「かわまち大賞」に新潟市の「信濃川やすらぎ堤」ほか

2019年度 かわまち大賞決まる 新潟市「信濃川やすらぎ堤かわまちづくり」ほか (参照:宮崎 大淀川右岸地区管 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR