IHI、東芝、東京大学、三井物産戦略研究所が「海流発電システム」の開発に着手

[ 2011/12/06 ]


2011年11月28日、株式会社IHI、株式会社東芝、東京大学株式会社三井物産戦略研究所は、NEDOが公募した「風力等自然エネルギー技術研究開発/海洋エネルギー技術研究開発」に「次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」が採択されたことを発表した。
(参考:東芝 水を原料に従来の約2倍となる効率で水素を製造する「グリーン水素」の基本素子を開発

水中浮体方式の海流発電システムimage from 東芝

次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」は、日本近海を流れる潮の流れである黒潮を利用した「海流発電システム」の実用化を目指す研究事業である。自然のエネルギーを利用するクリーンで再生可能なエネルギーと言えるものである。同発電システムで得られるエネルギーにより、自国の自然から安定的にクリーンなエネルギーを得るシステム構築に向けた研究をすることが、同事業の目的となっている。

海流エネルギーを有効に利用するために、水中浮遊体方式の海流発電システムの技術要素の開発、その事業評価を行っていく。この研究をベースに将来は、海流発電の実用化を目指していくとしている。

この発電システムには以下のような特徴があるとしている。
1.潮流は昼夜、季節の変動が少なく安定していること。長期的、連続的に使用し年間を通じて大きな発電量が得られる
2.発電装置は一定の深さの海中に係留するので、船の航行を阻害しない。また簡便な係留方法をとれるのでコストでも優位である
3.反転式の2重タービンを使用することでトルクを打消し、海中での姿勢を安定できる
4.保守整備時にはタービンの向き、浮力を調節できるのでメンテナンスが楽である


関連する記事

アーカイブス

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で

滋賀県 琵琶湖の低酸素状態、アオコ大量発生の懸念 (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取 [&he・・・

記事全文

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水を活用したマサバの陸上養殖実証試験をスタート

日本水産・弓ヶ浜水産・日立造船 地下水でのマサバの陸上養殖実証試験をスタート (参照:鳥羽水族館 ジュゴンの生 [&he・・・

記事全文

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品を商品化へ

岡山理科大学 好適環境水で養殖したウナギの加工品をお中元向け商品へ 天満屋で (参照:阿寒湖のマリモ保全推進委 [&he・・・

記事全文

サンコー(株) 水の循環で体を冷やす「水冷クールベストLite」を発売

サンコー(株) 氷水を活用したクーラーベスト「水冷クールベストLite」を発売 (参照:(株)タカラトミーアー [&he・・・

記事全文

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の出荷台数を2倍に

森永乳業(株) 殺菌水生成器「ピュアスター」の生産ラインを増設、出荷台数を2倍に (参照: (株)日本トリム  [&he・・・

記事全文

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業おおむね完成

京都府福知山市 「福知山市域における総合的な治水対策」事業、出水期を前にほぼ完成 (参照:国土交通省 熊本の記 [&he・・・

記事全文

(一社)海洋連盟 海のPRコンテスト「うみぽす2020」募集スタート

(一社)海洋連盟 海と日本PROJECT「うみぽす2020」募集スタート 9/23まで受付 (参照:八ッ場ダム [&he・・・

記事全文

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップの2WAYクリーナーの先行販売を開始

AFUストア 手動掃除機&水拭きモップクリーナー「deerma TB900」を先行販売 (参照: (株)セキド [&he・・・

記事全文

国土交通省 熊本の記録的な豪雨1000ヘクタール以上浸水

国土交通省 4日からの熊本豪雨 1000ヘクタール余り浸水か (参照:国土交通省 ダムの新たな洪水対策及び 発 [&he・・・

記事全文

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 マリモ保護目的で摘み取った水草をシカのエサに

阿寒湖のマリモ保全推進委員会 阿寒湖で除去した水草を乾燥させシカのエサに (参照:ホクレン 災害時の牛の飲み水 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR