大阪市水道事業「平成22年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算」発表-水道事業は9年連続の黒字 今後の橋本政権ではどうなる?

[ 2011/12/01 ]


2011年11月30日、大阪市水道局から「平成22年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算」が発表となった。水道事業は約52億円の黒字であり、9年連続の黒字となった。また、工業用水道事業は約2億円の黒字となり、3年連続の黒字となった。これにより水道事業の累積黒字は増加し、工業用水道事業の累積赤字は減少することになった。
(参考:市長当選の橋本徹知事らが「大阪広域水道企業団」への加入方針を打ち出す 大阪維新の会

大阪市水道局

image from 大阪市水道局

水道事業に関しては、収益が679億3,500万円となり前年度比で0.2%増となった。この収益増加は固定資産の売却益などが含まれ、収益の大部分を占める給水収益に関しては0.3%減少の639億8,200万円となっている。また、費用に関しては、630億3,000万円と前年比で0.3%の減少となった。この減少は職員数の削減給水装置設備費の減少によるものとしている。

この結果、水道事業に関しては収支差引は52億4,100万円であり、前年度の49億500万から3億,3600万円の増益となっている。これにより、平成22年度松の未処分利益余剰金は、138億1,600万円となった。

工業用水道事業に関しては、収益が18億3,600万円となり前年度比で5.3%の減少となった。この原因は、給水工場数の減による水需要の減少委託工事の収益が減少したことが原因である。また、費用に関しては、15億9,300万円で、前年比べ11.3%の減少となった。受託工事減少により物件費の減少、資産減耗費の減少が原因となっている。

この結果、工業用水道事業に関しては、収支差引は2億4,300万円であり、前年度の1億4,200万円から1億100万円の増益となっている。これにより、前年度からの累積赤字18億3,000万円は、平成22年度末の時点で15億8,700万円となった。


関連する記事

アーカイブス

原子力規制委員会、福島第一原発の凍土壁の完全凍結を認可

2017年8月15日、原子力規制委員会は東京電力福島第1原発の凍土壁の完全凍結への工事を認可した。 (参照:福 [&he・・・

記事全文

インドのムンバイで、青い犬が発見される。工場排水が原因か?

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃される。工場から排出される汚染水を飲んだことが原因か? (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

畳やカーペットやの水汚れを水洗いできる掃除機、スイトル好評発売中。

世界初、カーペットについた液状の汚れを水洗い出来る掃除機用クリーナーヘッド、「Switle(スイトル)」好評発 [&he・・・

記事全文

福島第一原発の地下水の水位が低下。一時漏洩の恐れ。

福島第一原発四号機近くの水位が一時低下、汚染水の漏洩の恐れあるも、確認されず。 (参照:第一原発トリチウム水の [&he・・・

記事全文

安全な水をマダカスカルの子供達に。「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベンド「ROAD to WATER」開催。

きれいで安全な水をマダカスカルの子供達に届けよう。 「TAP PROJECT JAPAN」のシンボルイベント「 [&he・・・

記事全文

散水ショーで踊って盛り上がろう。東京ディスニーランドで「ディズニー夏祭り2017」が開催。

散水ショーでびしょ濡れ必至。東京ディスニーランドで日本の祭りをアレンジした「ディズニー夏祭り2017」がスター [&he・・・

記事全文

第一原発トリチウム水の処分に苦慮。「海洋放出」発言に波紋も。

東京電力福島第一原発のトリチウム水処理に苦慮。汚染水処理の道は厳しい。 (参照:東京電力 地震で核燃料プールの [&he・・・

記事全文

ビヨンセがユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップを組み、アフリカ、ブルンジに安全できれいな水を提供。

米国出身の世界的歌手、ビヨンセがユニセフと組んでアフリカ、ブルンジに安全な水と衛生環境を提供した。 (参照:イ [&he・・・

記事全文

水質汚染が深刻化する中国。世界中の水処理企業が好機をうかがう。

廃棄物が増加し、水質汚染が深刻化する中国に対し、世界の水処理企業が注目、好機を伺っている。 (参照:「汚染水ア [&he・・・

記事全文

福岡市水道局が「水道水パーク」を期間限定でオープン。

2017年7月28日から30日、福岡市水道局がJR博多シティつばめの杜ひろばにて「屋上de水道水パーク」を開催 [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR