大阪市水道事業「平成22年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算」発表-水道事業は9年連続の黒字 今後の橋本政権ではどうなる?

[ 2011/12/01 ]


2011年11月30日、大阪市水道局から「平成22年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算」が発表となった。水道事業は約52億円の黒字であり、9年連続の黒字となった。また、工業用水道事業は約2億円の黒字となり、3年連続の黒字となった。これにより水道事業の累積黒字は増加し、工業用水道事業の累積赤字は減少することになった。
(参考:市長当選の橋本徹知事らが「大阪広域水道企業団」への加入方針を打ち出す 大阪維新の会

大阪市水道局

image from 大阪市水道局

水道事業に関しては、収益が679億3,500万円となり前年度比で0.2%増となった。この収益増加は固定資産の売却益などが含まれ、収益の大部分を占める給水収益に関しては0.3%減少の639億8,200万円となっている。また、費用に関しては、630億3,000万円と前年比で0.3%の減少となった。この減少は職員数の削減給水装置設備費の減少によるものとしている。

この結果、水道事業に関しては収支差引は52億4,100万円であり、前年度の49億500万から3億,3600万円の増益となっている。これにより、平成22年度松の未処分利益余剰金は、138億1,600万円となった。

工業用水道事業に関しては、収益が18億3,600万円となり前年度比で5.3%の減少となった。この原因は、給水工場数の減による水需要の減少委託工事の収益が減少したことが原因である。また、費用に関しては、15億9,300万円で、前年比べ11.3%の減少となった。受託工事減少により物件費の減少、資産減耗費の減少が原因となっている。

この結果、工業用水道事業に関しては、収支差引は2億4,300万円であり、前年度の1億4,200万円から1億100万円の増益となっている。これにより、前年度からの累積赤字18億3,000万円は、平成22年度末の時点で15億8,700万円となった。


関連する記事

アーカイブス

ウォータージェン、空気から飲料水出来る装置の開発。

イスラエルの企業、ウォータージェンが空気から飲料水を作る装置を開発。 (参照:太陽光発電で空気から飲料水を作り [&he・・・

記事全文

和歌山市、水道水の濁りで3万5千世帯に影響

和歌山市、誤操作により水道水に濁り。3万5千世帯に影響。 (参照:霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍の [&he・・・

記事全文

福島第一原発、汚染水を巡り公聴会開催へ

福島第一原発の汚染水処理を巡り、今夏公聴会を開催することが決定 (参照:福島第一原発、台風の影響でで汚染水1万 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、透明なのにカフェラテ?「アサヒクリアラテ from おいしい水」を新発売

アサヒ飲料、低カロリー・カフェインゼロ・脂肪ゼロのカフェラテ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」を新発 [&he・・・

記事全文

成分は100%水の家庭用洗剤。「ウォータークリーナー」

成分が100%水の家庭用エコ洗剤、「クラスアッシュ ウォータークリーナー」発売中。 (参照:花粉を水に変えるス [&he・・・

記事全文

月に大量の氷か。月の隕石からその痕跡を発見。

東北大、月の隕石から月に大量の氷がある可能性を発見。 (参照:ブラジル、ブラジリアで第8回世界水フォーラム開催 [&he・・・

記事全文

霧島連山、硫黄山噴火。ふもと下流で2,4倍のヒ素検出。

霧島連山、硫黄山の噴火後、宮崎側の河川で2,4倍のヒ素検出も被害報告なし。 (参照:東京五輪、お台場会場で基準 [&he・・・

記事全文

新潟、「水と土の芸術祭」のパスポート前売り始まる

新潟で7月〜10月に開催される「水と土の芸術祭」。お得に回れるパスポート前売り発売始まる。 (参照:静岡・三島 [&he・・・

記事全文

アサヒ飲料、「ラベルレス」ミネラルウォーター発売。環境負荷軽減。

アサヒ飲料、商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売 [&he・・・

記事全文

日東電工、滋賀事務所において今後5年以内に、「循環型グリーン工場」を目指す

日東電工、滋賀事務所において自社逆浸透膜技術を活用し、今後5年以内に「循環型グリーン工場」を目指す (参照:ラ [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR