大阪市水道事業「平成22年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算」発表-水道事業は9年連続の黒字 今後の橋本政権ではどうなる?

[ 2011/12/01 ]


2011年11月30日、大阪市水道局から「平成22年度大阪市水道事業・工業用水道事業会計決算」が発表となった。水道事業は約52億円の黒字であり、9年連続の黒字となった。また、工業用水道事業は約2億円の黒字となり、3年連続の黒字となった。これにより水道事業の累積黒字は増加し、工業用水道事業の累積赤字は減少することになった。
(参考:市長当選の橋本徹知事らが「大阪広域水道企業団」への加入方針を打ち出す 大阪維新の会

大阪市水道局

image from 大阪市水道局

水道事業に関しては、収益が679億3,500万円となり前年度比で0.2%増となった。この収益増加は固定資産の売却益などが含まれ、収益の大部分を占める給水収益に関しては0.3%減少の639億8,200万円となっている。また、費用に関しては、630億3,000万円と前年比で0.3%の減少となった。この減少は職員数の削減給水装置設備費の減少によるものとしている。

この結果、水道事業に関しては収支差引は52億4,100万円であり、前年度の49億500万から3億,3600万円の増益となっている。これにより、平成22年度松の未処分利益余剰金は、138億1,600万円となった。

工業用水道事業に関しては、収益が18億3,600万円となり前年度比で5.3%の減少となった。この原因は、給水工場数の減による水需要の減少委託工事の収益が減少したことが原因である。また、費用に関しては、15億9,300万円で、前年比べ11.3%の減少となった。受託工事減少により物件費の減少、資産減耗費の減少が原因となっている。

この結果、工業用水道事業に関しては、収支差引は2億4,300万円であり、前年度の1億4,200万円から1億100万円の増益となっている。これにより、前年度からの累積赤字18億3,000万円は、平成22年度末の時点で15億8,700万円となった。


関連する記事

アーカイブス

株式会社デンソー 工場見学コースに浄化施設見学コースを新設

株式会社デンソー 工場見学のコースに団体見学者向けの浄化施設見学コースを新設 (参照:長野県 茅野市の農業水利 [&he・・・

記事全文

株式会社矢野経済研究所 ミネラルウォーターや宅配水市場に関する調査の結果を公開

株式会社矢野経済研究所 宅配水ほか水市場に関する調査の結果を公開 (参照:山梨県 ミネラルウォーター税導入検討 [&he・・・

記事全文

小山市 「土地改良施設カード」作成 農業水利施設への興味促す

小山市 「土地改良施設カード」作成&配布し、農業水利施設への興味促す (参照:長野県 茅野市の農業水利施設を利 [&he・・・

記事全文

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型ドローン開発 地下水路の調査にも

(株)ディーゼル・ワークショップ 陸上型調査ドローン開発 地下水路の調査に活用 (参照:魚津埋没林博物館 地下 [&he・・・

記事全文

新潟県佐渡海洋深層水 南蛮エビを生きたままで出荷可能に

新潟県佐渡海洋深層水 海洋深層水で育てた南蛮エビを生きたままで出荷可能に (参照:IWA世界会議が東京で開催さ [&he・・・

記事全文

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク発売

ジョンソンヘルスケア株式会社 水流でケアするアイケア用アイマスク「SYNCA(シンカ)ウォーターアイマスク」発 [&he・・・

記事全文

山梨県 ミネラルウォーター税導入検討へ

山梨県 ミネラルウォーター税を導入の見通しへ (参照:オリコン ウォーターサーバーに関する顧客満足度調査の結果 [&he・・・

記事全文

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る活動をスタート

(株)バスクリン 森林を整え、水資源と地球環境を守る「バスクリンの森」プロジェクトをスタート (参照:北海道コ [&he・・・

記事全文

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水を発売

(株)クロスパブリシティ 国内製造初のCBD入り清涼飲料水「キャノヴィ ウォーター」発売 (参照:株式会社AQ [&he・・・

記事全文

WOTA(株)AI水処理による水浄化システム「WOTA BOX」本格発売へ

WOTA(株)AI水処理により排水の98%を浄化する「WOTA BOX」本格発売へ (参照:浪速工作所と日本ス [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR