宮崎大学とJICA、インドで地下水ヒ素汚染対策

[ 2010/05/27 ]


バングラディシュやインド、中国などアジア広域で確認されている地下水のヒ素汚染問題で、宮崎大学JICA(ジャイカ)が行ってきたインドでのウッタールプラデシュ州バライチ県におけるヒ素汚染の研究及び対策活動の報告が、宮崎市で開催された「第2回国際シンポジウム 地下水砒素汚染による健康被害とその対策-インドでのプロジェクトをアジアへ広げる-」にて行われました。

インド地下水のヒ素汚染対策

2008年6月から2010年5月19日まで、JICAの草の根技術協力事業として「インド・ウッタールプラデシュ州における地下水砒素汚染の総合対策」を実施。プロジェクトのモデルとしてバライチ県のネワダ村とチェトラ村が選ばれました。ウッタールプラデシュ州は2003年に地下水のヒ素汚染が明らかになり、州政府や国際機関が実態を調査してきました。この地域は州政府と国際機関が進める代替水源から水を供給する計画の実施が困難な地域と分かり、宮崎大学がJICAに提案し、プロジェクトが実施されました。

対象地域には約1700人の人々が暮らしています。住民はヒ素に関する知識がほとんどないため、宮崎大学は、村人による「砒素対策委員会」を設立、子供にもわかりやすいようにと紙芝居を作るなど工夫をこらした啓蒙活動を行ってきました。また実際にヒ素中毒症状の見られる患者64人に対しては個別に健康管理を行いました。
ヒ素を含まない水を確保するため、代替水源として砂ろ過槽ヒ素除去装置を計13基の井戸に設置し、現在住民の全てが飲み水代替水源からとっています。

プロジェクトマネージャーの横田漠宮崎大学名誉教授は、バライチ県を中心にヒ素汚染対策をひろげ、ヒ素中毒を診断できる医師の育成を行っていきたいと話しました。

ヒ素は自然界に存在する物質で、過剰に摂取すると悪性腫瘍・砒素角化症・色素沈着など人体に重大な健康被害をもたらします。
南アジアと東アジアでは、地下水がヒ素に汚染された地域で約6,000万人が生活しており、灌漑(かんがい)用水や飲料水として利用されています。



関連する記事

アーカイブス

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」英学生の節水型洗濯が最優秀賞を受賞

レッドブル 「レッドブル・ ベースメント2020」受賞作品決定 英学生の節水型洗濯 (参照:(株)フォレストホームサービ・・・

記事全文

株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 研究発表へ

(株)日本トリム 電解水素水の飲用がストレス耐性を強化 理化学研究所との研究発表 (参照:(株)フォレストホームサービス・・・

記事全文

長崎大と粕谷製網 リアルタイムで養殖いけす内を監視する装置を開発

長崎大と粕谷製網 水中の養殖いけすを監視する「マルチセンサプラットフォーム」を開発 (参照:北海道大学 幻の魚「イトウ」・・・

記事全文

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルスの影響でウォーターサーバーの需要増

「ミズコム」による調査 新型コロナウイルス影響か ウォーターサーバー導入検討増 (参照:(株)フォレストホームサービス ・・・

記事全文

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」を策定 関係事業者へ注意喚起

経済産業省 「水上設置遊具の安全に関するガイドライン」策定 としまえんの事故を受け (参照:インタービジネスブリッジ 「・・・

記事全文

ビーテック(株) オリジナルラベルの炭酸水が作れる「オリジナル炭酸水」発売

ビーテック(株) スマホ入力でオリジナルラベルが作れる「オリジナル炭酸水」発売 (参考:AQUA JACKET(株) 社・・・

記事全文

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成技術を開発、放流計画を支援へ

(株)日立製作所 ダム放流計画の自動作成を開発、放流計画を支援へ (参照:南房総市 ダム渇水のため、断水で売上が減少した・・・

記事全文

JR東日本スタートアップ トンネル湧水を活用した「鉄道わさび」栽培実験へ

JR東日本スタートアップ トンネル湧水でわさびの栽培実験 グリーンインパクトと (参照:アサヒ 工場排水からのバイオガス・・・

記事全文

国土交通省 海における次世代モビリティに関する産学官協議会立ち上げ 本格化へ

国土交通省 海のドローン産業を本格化へ 2021年には実証実験も視野に (参照:(株)セキド 水中スクーター「SUBLU・・・

記事全文

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息場所を水中DNA解析で推定

北海道大学 幻の魚「イトウ」の生息域を最新技術ではじめて解明 環境DNAで (参照:環境省 瀬戸内海の「栄養塩」の濃度が・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR