宮崎大学とJICA、インドで地下水ヒ素汚染対策

[ 2010/05/27 ]


バングラディシュやインド、中国などアジア広域で確認されている地下水のヒ素汚染問題で、宮崎大学JICA(ジャイカ)が行ってきたインドでのウッタールプラデシュ州バライチ県におけるヒ素汚染の研究及び対策活動の報告が、宮崎市で開催された「第2回国際シンポジウム 地下水砒素汚染による健康被害とその対策-インドでのプロジェクトをアジアへ広げる-」にて行われました。

インド地下水のヒ素汚染対策

2008年6月から2010年5月19日まで、JICAの草の根技術協力事業として「インド・ウッタールプラデシュ州における地下水砒素汚染の総合対策」を実施。プロジェクトのモデルとしてバライチ県のネワダ村とチェトラ村が選ばれました。ウッタールプラデシュ州は2003年に地下水のヒ素汚染が明らかになり、州政府や国際機関が実態を調査してきました。この地域は州政府と国際機関が進める代替水源から水を供給する計画の実施が困難な地域と分かり、宮崎大学がJICAに提案し、プロジェクトが実施されました。

対象地域には約1700人の人々が暮らしています。住民はヒ素に関する知識がほとんどないため、宮崎大学は、村人による「砒素対策委員会」を設立、子供にもわかりやすいようにと紙芝居を作るなど工夫をこらした啓蒙活動を行ってきました。また実際にヒ素中毒症状の見られる患者64人に対しては個別に健康管理を行いました。
ヒ素を含まない水を確保するため、代替水源として砂ろ過槽ヒ素除去装置を計13基の井戸に設置し、現在住民の全てが飲み水代替水源からとっています。

プロジェクトマネージャーの横田漠宮崎大学名誉教授は、バライチ県を中心にヒ素汚染対策をひろげ、ヒ素中毒を診断できる医師の育成を行っていきたいと話しました。

ヒ素は自然界に存在する物質で、過剰に摂取すると悪性腫瘍・砒素角化症・色素沈着など人体に重大な健康被害をもたらします。
南アジアと東アジアでは、地下水がヒ素に汚染された地域で約6,000万人が生活しており、灌漑(かんがい)用水や飲料水として利用されています。



関連する記事

アーカイブス

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」先行予約開始

WOTA 自律分散型の水循環型ポータブル手洗い機600台限定で先行予約スタート (参照:AFUストア 手動掃除 [&he・・・

記事全文

長野県 諏訪湖の貧酸素水のメカニズム解明に向け本格始動

長野県 諏訪湖の貧酸素水、メカニズム解明へ計測開始 (参照:滋賀県 琵琶湖の低酸素状態懸念 2年連続で)

記事全文

(株)クボタ 水環境事業で新体制 上水から下水までトータルにサービス提供

(株)クボタ 水環境事業で新体制 市場環境の変化に対応 上水から下水までトータルに (参照:厚木市 雨水貯留型 [&he・・・

記事全文

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 1年で全分解

三菱ケミカル(株) 海洋で分解するレジ袋を開発 微生物の力で全分解可能 (参照:開成町 全国初「ネット・ゼロ・ [&he・・・

記事全文

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 店内に給水機を設置

無印良品 「自分で詰める水のボトル」発売 7/1店内給水機での給水サービススタート (参照: コカ・コーラシス [&he・・・

記事全文

(株)オーシン 水に濡らして気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」が好調

(株)オーシン 気化熱で冷やして使う「ウォーターマスク」好調 新型の予約を受付 (参照:サンコー(株) 水の循 [&he・・・

記事全文

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成

厚木市 雨水貯留型公園「あさひ公園」完成 新しい浸水対策を模索 (参照:大阪府 治水用の地下神殿「寝屋川北部地 [&he・・・

記事全文

ニッコー(株) 業界No.1省エネ性能の一般家庭用小型浄化槽「水創り王」を発売

ニッコー(株) 2020年6月、省エネ性能抜群の一般家庭用小型浄化槽を発売 (参照:(株)日本トリム 電解水透 [&he・・・

記事全文

文化庁 京都の近代化に貢献した「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定

文化庁 京都~滋賀間の「琵琶湖疏水」を日本遺産に認定 (参照:国土交通省 ダム貯水の事前放流についてのガイドラ [&he・・・

記事全文

国土交通省と経済産業省 マンション等の浸水対策ガイドラインを発表

国土交通省と経済産業省 建築物における電気設備の浸水対策ガイドラインを発表 (参照:国土交通省 熊本の記録的な [&he・・・

記事全文

ニュース一覧を見る


    PR